セメントレス人工臼蓋 Versafitcup DM

セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
セメントレス人工臼蓋
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

固定タイプ
セメントレス
大腿骨ステムの長さ

46 mm, 64 mm (1.81 in)

人工臼蓋の外径

最少: 22 mm (0.87 in)

最大: 28 mm (1.1 in)

詳細

Versafitcup Double Mobilityは、1976年にBousquet教授とフランスのSt.Etienne医科大学が開発したオリジナルのDual Mobilityデザインをベースにしています。30年以上の臨床実績があり、このコンセプトはヨーロッパ、特にフランスで広く使用されており、プライマリーヒップカップ市場の約25%を占めています。Highcross Double Mobilityライナーの導入により、VersafitcupはHard/Hard Big Headアーティキュレーションに代わる有効な選択肢となりました。 3つのパーツ DUAL MOBILITY - アーティキュレーション・ライナー/シェル DUAL MOBILITY - アーティキュレーション・ヘッドライナー サードアーティキュレーション - アーティキュレーション・ネック/ライナー なぜダブルモビリティ・カップを選ぶのか? 標準的な固定式ライナーカップよりも優れています。 デュアルモビリティと第3関節のおかげで、摩耗率が低い。 ヘッドの直径が大きくなったことで、脱臼率が低くなりました。 ヘッドとネックの比率を高めることで、高い可動域(ROM)を実現しています。 基本的な考え方は、Charnleyの低摩擦コンセプトによる摩耗の低減と、McKee-Farrarが提唱した患者の解剖学的構造により近い大きなサイズの大腿骨頭を利用して関節の本質的な安定性を実現するという2つのコンセプトを組み合わせることです。 Bousquetのコンセプトは、金属製ヘッドとUHMWPEライナーを連結する2つのインターフェースで構成されており、後者は金属製寛骨臼シェルの研磨された内面とも連結しています。 大腿骨頭はポリエチレン製のインサートの中で(小さな関節)、インサートは金属製のシェルの中で(大きな関節)。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Medactaの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。