CO2実験用培養器 In-VitroCell ES NU-5841
細胞培養用卓上ステンレススチール製

CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
CO2実験用培養器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
CO2
応用
細胞培養用
設置
卓上
その他の特徴
ステンレススチール製
温度域

最大: 55 °C (131 °F)

最少: 5 °C (41 °F)

容量

200 l (52.8 gal)

詳細

In-VitroCell ES NU-5841 直接加熱 7 ft3 (200L) 低酸素 CO2 インキュベーター 湿度および酸素制御付き In-VitroCell ES NU-5841は、低酸素ストレス研究、幹細胞培養、発がん性腫瘍、毒性などのためのチャンバー内の湿度と酸素レベルを監視し、制御するための簡単な方法を提供します。 特徴 この湿度制御機能付きIn-VitroCell™低酸素CO2インキュベーターを使用して、低酸素ストレス研究、幹細胞培養、発がん性腫瘍などの作業を行う際に、インキュベーターの湿度と酸素レベルを監視し、制御します。 ガス制御の感度と精度を確保 ジルコニアセラミックO2センサー メンテナンスフリーのO2センサーは、細胞培養物の酸素濃度を窒素で抑制して制御します。これにより、精度が向上し、酸素濃度0.5~21%、酸素濃度±0.25%の範囲で低酸素制御が可能になりました。 赤外線CO2センサー シングルソースのデュアルウェーブ赤外線(IR)センサーでチャンバー内のCO2濃度を調整します。センサーの波長はCO2にのみ吸収されるため、水蒸気などの他の成分が測定の妨げになりません。 汚染を管理する 二重滅菌サイクル 二重滅菌サイクルで汚染を防止します。高熱滅菌では145℃の乾燥空気を使用し、加湿除菌では95℃で動作し、チャンバーの底部にあるウォーターパンから水分を吸引します。NuTouch™ ECSを使用して、作業者は滅菌プロセスを都合の良い時間に実行するようにプログラムすることができます。

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。