TOC分析装置 Aurora 1030D
水質

TOC分析装置
TOC分析装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定可能パラメータ
TOC
応用
水質

詳細

1台のパワフルな装置で2種類のTOC分析を体験してください!Aurora 1030Dを使用して、実証済みの加熱式過硫酸塩湿式酸化法と高温燃焼法によるTOC分析を行います。どちらのモードも、正確で信頼性の高い結果を確実にするために、異なるチャンバー機能を備えています。 概要 オーロラ1030D TOC分析装置は、加熱過硫酸塩湿式酸化法と高温燃焼法の両方でTOCを分析することができ、2倍の効率を実現しました。これにより、1台の装置で水性サンプルやその他の高分子量サンプルの測定が可能になりました。 加熱過硫酸塩湿式酸化 加熱過硫酸塩酸化技術は、以下のような水質試験のための多くの規制準拠法、規格、規範で承認され、採用されています。標準法5310C、USEPA 415.3、USP / EU 2.2.44、ASTM D 4779および4839、USEPA-DBPR、USEPA-SPCC、ISO 8245、およびEN 1484。 湿式酸化モードでは、1030D反応室は分析の間に徹底的に洗浄され、前のサンプルからの残留物が除去されます。これにより、高感度TOC測定に必要な低いシステムバックグラウンドを保証します。 高温燃焼 高温(680℃)触媒燃焼は、高分子量で酸化しにくい有機物(フミン酸など)を含む 500ppb C 以上のサンプルに最も効果的です。特許取得済みの 1030D の 2 チャンバー燃焼管は、第 1 チャンバーに石英のベッドを含み、第 2 チャンバーの白金触媒を不燃性成分の沈着から保護します。この設計は、触媒の寿命を延ばし、安定した酸化条件を確保し、装置のメンテナンスコストを削減します。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。