内視鏡ラック EVIS X1™

内視鏡ラック
内視鏡ラック
内視鏡ラック
内視鏡ラック
内視鏡ラック
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

詳細

EVIS X1™内視鏡システムは、消化器疾患や障害の診断、治療、観察を目的として、医師が消化器解剖学的構造を観察する新しい方法を提供します。 オリンパス株式会社(本社:東京都港区、社長:内藤晴夫、以下「オリンパス」)は、内視鏡システム「EVIS X1」と、対応する2種類の消化器内視鏡のFDA(米国食品医薬品局)認可を取得したことを発表しました:GIF-1100は食道、胃、十二指腸などの上部消化管、CF-HQ1100DL/Iは肛門、直腸、S状結腸、結腸、回盲弁などの下部消化管に適応します。i オリンパスGI内視鏡システムは、逆流性食道炎、潰瘍、クローン病、セリアック病、大腸がんなど、上部および下部消化管の疾患や障害の診断、治療、観察に使用されます。内視鏡の最も一般的な用途の一つは、医師が大腸の内壁を検査し、ポリープと呼ばれる癌の可能性のある増殖物を切除するスクリーニング大腸内視鏡検査である。新しい画像技術が加わることで、医師が異常を視覚化するのに役立つ可能性がある。 「オリンパス・アメリカのメディカル・システムズ・グループのプレジデントであるリチャード・レイノルズは、「オリンパスは、この新しい内視鏡システムをまもなく米国の医師とその患者にお届けできることを大変喜ばしく思っています。「医療技術のリーディングカンパニーとして、オリンパスは、消化器内視鏡検査などの低侵襲処置のための最先端技術を医師に提供するよう努めています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Olympus Americaの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。