血管造影検査ソフトウェアモジュール
眼科測定用可視化

血管造影検査ソフトウェアモジュール
血管造影検査ソフトウェアモジュール
血管造影検査ソフトウェアモジュール
血管造影検査ソフトウェアモジュール
血管造影検査ソフトウェアモジュール
血管造影検査ソフトウェアモジュール
血管造影検査ソフトウェアモジュール
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
血管造影検査, 眼科
機能
測定用, 可視化, 診断用, 評価
体の部位
網膜

詳細

血管造影スキャンにより、黄斑部、周辺部、視神経乳頭部の血管構造を評価することができます。スキャン時間は標準解像度で1.6秒、高解像度で3秒と非常に短い。 これで、血管造影OCTは診断診療のルーチンになります。 このオプションのソフトウェア・モジュールにより、網膜の微小血管を可視化することができます。血流と構造の可視化により、多くの網膜疾患に関する追加診断情報が得られます。血管造影スキャンにより、黄斑部、周辺部、視神経乳頭部の構造的血管系を評価することができます。スキャン時間は標準解像度で1.6秒、高解像度で3秒と非常に短い。 血管造影OCTは診断診療のルーティンになります。 ソフトウェアにより、両眼の網膜微小血管の変化を観察、追跡、比較することができます。 血管分析法 定量化 定量化ツールは、分析された領域全体の血管系と特定のゾーンやセクターの値を定量化します。分析された血管のヒートマップにより、血管構造の状態をより迅速に評価することができます。定量化方法の選択により、特定の疾患に対する分析の感度が向上します。 利用可能な定量化方法 血管面積密度 - 測定領域の単位面積あたりの灌流血管の総面積として定義されます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Optopol Technologyの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。