酸素センサー IMP-PSt1
研究所用インプラント用

酸素センサー
酸素センサー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

評価
酸素
応用
研究所用
その他の特徴
インプラント用

詳細

毛より薄い先端のサイズの裸繊維の酸素Microsensor 酸素のMicrosensorのImplantable小鬼PSt1 この小型化された光学酸素のmicrosensorはさまざまなカスタマイズされた適用のために設計されている。外の直径が140 µmから900 µmまで及ぶ間、小さい調査に先端のサイズが< 50 µmに140 µmある。microsensorの先端はあらゆる付加的なハウジングに取付けられない。裸のガラス繊維の先端はあなた自身のハウジング、鋼鉄管およびマイクロrespirometerの部屋等に取付けることができる。小さい外の直径はimplantable Venflon管に挿入を可能にする。酸素分を直接測定するためにさらに、microsensorは密封された容器で配置することができる。小鬼PSt1は0.05% O2の検出の限界の0 – 50%の酸素の測定の範囲が、ある。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。