手当て用品用鉗子 F12011-13
組織解剖湾曲

手当て用品用鉗子
手当て用品用鉗子
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
組織, 手当て用品用
医療処置
解剖
形状
湾曲
タイプ
歯付き
用途
オートクレーブ
長さ

16 cm (6.3 in)

詳細

ドレッシング鉗子-Cvd、先端幅1.2mm、歯の長さ16mm、13cm 動物を解剖する際に、皮膚の筋膜、筋肉、血管、神経を切り離したり、組織を挟んだりするのに使用します。当社の眼科用鉗子の機能的定義は、解剖学的鉗子でもあります。一般的には、まっすぐなピンセット、曲がったピンセット、固定された組織、組織の分離などに使用することが推奨されています。頭部には横縞(唇歯ともいう)があり、固定した組織がずれにくくなっています。

---

カタログ

RWD Life Scienceのその他の関連商品

Surgical Instrument

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。