自動レンズメーター HLM-9000
紫外線透過率測定付

自動レンズメーター
自動レンズメーター
自動レンズメーター
自動レンズメーター
自動レンズメーター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

オプション
紫外線透過率測定付

詳細

HLM-9000は、ハルトマンセンサーによる波面解析技術やレンズの自動認識などの優位性をお楽しみいただけます。美しい曲線のデザインは、あなたに心の安定を語りかけてくれます。HLM-9000で、今まで味わったことのない満足を手に入れてください。ヒュービッツオートレンズメーターHLM-9000は、ブルーライトハザード測定機能により、LEDスクリーンの有害性を測定することができます。ハルトマンセンサー波面解析技術により、多焦点レンズや高曲面レンズの精度を最大限に高め、トータルな診療効率を向上させることができます。 ハルトマンセンサー波面解析技術 より多くの測定スポットを持つハートマンセンサー波面解析技術の実装により、多焦点レンズや高曲面レンズでも測定精度を最大化することができます。 ブルーライトハザード測定 スマートフォンや液晶モニターなど、多くの電化製品の普及に伴い、LEDディスプレイから発せられるブルーライトは有害光線として認識されています。 HLM-9000は、ブルーライトをカットするレンズのブルーライト透過率を測定します。 紫外線測定 簡単な操作で紫外線透過率を表示できるため、単焦点レンズやサングラスなどの紫外線透過率を簡単に把握することができます。 多焦点レンズの測定 多焦点レンズの自動認識により、測定ガイドを表示し、サングラスやプリズム多焦点レンズの測定も簡単に行うことができます。 緑色光ビームによる精度の向上 ISO規格のフラウンホーファーE線(546.1nm)とほぼ同じ波長の緑色光(545nm)を採用し、一般の赤外光よりも高い精度で測定が可能です。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。