示差走査熱量計

9 社 | 23
製品を出展しましょう

& 当サイトからいつでも見込み客にアプローチできます

出展者になる
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
示差走査熱量計
示差走査熱量計
BK-DSC300L

示差走査熱量計は、ガラス転移温度試験、相転移試験、融解およびエンタルピー値試験、製品安定性、酸化誘導期間試験、比熱およびその他の試験を実行できます。主に化学、エネルギー、冶金、鉱業、ポリマー材料、金属材料およびその他の産業で使用されます。 ふ食べる 1. 豊富な表示情報を備えた工業用グレードの 7 インチ タッチ スクリーン。 2. 各種冷凍装置に対応できる新炉構造です。 3. USB通信インターフェース、強力な汎用性、信頼性の高い中断のない通信、および自己回復接続機能をサポートします。 4.双方向の大気の流れを自動的に切り替え、切り替え速度が速く、安定時間が短い。同時に、保護ガス入力が追加されます。 5. ...

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 3 series

モジュラー設計の示差走査熱量測定装置(DSC)は、学術研究や産業開発から品質保証や生産まで、手動または自動操作に最適な操作性と高精度の測定結果を提供します。 最高の測定感度と安定したベースラインを誇るDSCによるサンプル測定 – あらゆる種類の材料と現象の分析に最適。 メトラー・トレドの示差走査熱量測定装置Excellence シリーズは、高い測定感度を保証する120の熱電対を備えた革新的な特許取得DSCセンサを採用しています。 熱分析に関するウェビナーはこちら 熱分析に関する技術資料はこちら

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 2+

HP DSCセルは高い実績を誇るDSCテクノロジーをベースに開発されており、FRS 6+ および HSS 9+ DSCセンサのおかげで卓越した性能を保証します。 材料の加速試験 分析時間の短縮、プロセス条件下での測定、より高い気体濃度およびより正確なデータ解釈等から得られる利点があります。 画期的な高圧テクノロジー 加熱炉は特殊断熱が施されており、温度勾配は発生しません。これにより、高圧環境でも安定性と再現性のあるベースラインが保証されます 分析時間を短縮 高い圧力と温度により反応を促進 プロセス条件下での測定 実際の反応環境のシミュレーション 理解を深める 蒸発の抑制により熱的効果の分離が可能 高いガス濃度 気体との不均一系反応の速度を増加

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSCvesta2

業界初の自己診断機能搭載 業界最高温度範囲のDSC測定 示差走査熱量計(DSC)は、試料を加熱または冷却したときに試料内に発生する熱エネルギーの変化を検出する熱分析装置です。 Thermo plus EVO3シリーズ DSCvesta2は、初心者からベテランまで、幅広いユーザーに魅力を感じていただける革新的な測定装置です。使いやすさに重点を置きながら、デザインには高級感を漂わせ、最先端の性能を実現しました。 示差走査熱量計(DSC)は、試料を加熱または冷却したときに試料内に発生する熱エネルギーの変化を検出する熱分析装置です。 Thermo ...

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DTG-60 series

... 本装置は、プログラムに従って試料温度を変化させ、同時に試料の質量変化(TG)と標準物質との温度差(DTA)を測定します。分析天秤機構(ロバーバル機構)により再現性が高く、試料重量の測定も安心して行えます。DTG-60(最高1,100 °C)とDTG-60H(最高1,500 °C)の2機種があります。オートサンプラー内蔵のDTG-60A、DTG-60AHもあり、最大24検体の自動測定が可能です。 特徴 高感度・高精度測定 高精度ロバーバル機構トップローディング天秤システム ロバーバル機構を採用し、溶融などによる試料の重心位置の変化による感度の変化がありません。 支点は温度係数の非常に小さい薄い合金バンドで、X字型に構成されています。この支点は軽量で摩擦や抵抗が非常に少ないため、振動にも強い高感度天びんを構成することができる。 各種測定に対応 反応ガス用流路を装備 TG/DTA測定では、試料と特殊雰囲気ガスとの各種反応・相互作用を観察することで、定性・定量分析、反応メカニズムの解明、熱抵抗の評価などが行えます。DTG-60シリーズでは、個別の流路を設定することで様々なアプリケーションに対応します。 ...

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC7 series

... 最新の示差走査熱量計シリーズ。 DSC7000シリーズの感度、ベースラインの安定性、温度制御性能が大幅に向上しました。 豊富なオプションラインナップにより、自動測定、光化学反応測定、試料観察測定など多彩な拡張性を実現。 高分子材料、無機材料、医薬品、食品などの分野で、微量試料の融解、ガラス転移、結晶化、硬化、比熱測定、純度分析などの測定に最適です。 1.最高の感度、優れたベースライン安定性、再現性 複数の熱電対を搭載することで、センサ感度を3倍(当社従来比)に向上。 3層断熱壁で構成された新型炉と最適化された加熱・冷却構造により、ベースライン変動の影響を抑制し、温度追従性を向上。これにより、DSC感度0.1μW以下(実効ノイズ0.05μW以下)、ベースライン繰り返し精度±5μWという世界最高レベルの性能を実現。より信頼性の高い測定が可能です。(DSC7000X) 2.優れた温度追従性 新型炉は、電気冷却ユニットを使用した場合、-80~500℃まで温度範囲を拡大。冷却制御性能は、-50℃まで10℃/minのリニア制御が可能です。(DSC7000X) 自動LN2ガス冷却ユニットにより、冷却効率が向上し、LN2使用量が減少しました。 ...

その他の商品を見る
Hitachi High-Technologies
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 300 Caliris® Classic

使いやすく、堅牢で、正確で、日常使用に最適化された革新的な DSC 300 Caliris® ®Classic。この装置独自の設計には、初心者から経験豊富なユーザーまで、DSC での分析を成功させるために必要なすべてが含まれています。この装置で使用するソフトウェアは、すでに確立されているAutoEvaluationとIdentifyの機能が、次世代のデータ管理ソフトウェアのLabV® ®に対応しており、収集されたデータを追跡しながらスムーズにラボ内のワークフローを整理することができます。 ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
Ultima CCM™

... 医療システムは見た目だけでなく、直感的で使いやすいテクノロジーで患者ケアを向上させ、同時に機能的な能力を最適化するものでなければなりません。私たちは、それを実現するためにUltima Series™心肺診断システムを設計しました。 Ultima CCM™間接熱量計は、先進のテクノロジーとガス分析により、最も困難な人工呼吸器環境でも測定が可能です。プレベント・フェイスマスクやフェイステントなど、快適な患者インターフェースのいずれかを使用することで、自発呼吸をしている被験者も測定できます。 熱損傷や外傷のある患者は最適な栄養補給ができ、代謝障害や摂食障害のある患者は注意深くモニターされます。 酸素、炭酸ガス、呼吸ごとの堅牢な分析によ ...

間接的熱量計
間接的熱量計
CaloSys

... TSE Systemsの間接ガス熱量測定モジュールは、動物の酸素消費量と二酸化炭素生成量を測定し、呼吸交換率(RER)やエネルギー消費量(EE)などの主要な代謝パラメータを算出します。13Cのような特殊な同位体センサーは、基質利用(脂肪対炭水化物の異化)に使用できます。 オプションの新しいClimateBoardモジュールは、ホームケージに継続的な温湿度環境モニタリングを追加します。これにより、正確な動物福祉モニタリングが可能になり、将来的には同居動物試験や「直接熱量測定」アプリケーションへの移行に改良を加えることができます。また、新しいオプションのInfraMotモジュールと組み合わせることで、連続的な移動モニタリングに拡張することができます。 Phenomasterは時間分解能と測定速度の異なるいくつかのバージョンのガスセンサーを提供しています。複数のケージがO2とCO2のセンサーペアを共有する経済的な高速マルチプレックスモードでは、T90が1.3秒の新しい(MOPO)光磁気常磁性酸素センサーとT90が2.5秒の新しい(NDIR)最適化された光学式近赤外CO2光度計検出器の組み合わせを使用しています。どちらもドリフトがほとんどなく(センサーレンジの1週間あたり1%未満)、メンテナンスフリーである。NDIRはオプションで、13C同位体およびCH4メタンデータを同時に提供するように設定することもできます。この組み合わせにより、0.34~100L/分の流量で低ppm範囲のO2とCO2の変化を検出することができ、最終信号の99%に達するまでの測定時間は1ケージあたり15秒です。重要なのは、この測定速度がシステム内のケージ数に依存しないことである。 ...

その他の商品を見る
TSE Systems
示差走査熱量計
示差走査熱量計
SENSYS evo DSC

... DSC、高圧 DSC、ロボットDSC、TG-DSC、DSC、ガスアナライザへのカップリング、 比類のない精度:独自の3Dセンサーがサンプルとリファレンスルツブルを完全に囲み、 あらゆる変換のエネルギーがモニタリングされ、比類のない測定精度が得られます。 操作の容易さ:市場をリードする専用のCALISTOソフトウェアは、直感的なだけでなく、すべての典型的な実験やデータ処理を実行するのに十分な強力です。 パラメータに依存しない校正:3Dトランスデューサのため、SENSYS ...

その他の商品を見る
SETARAM Instrumentation
製品を出展しましょう

& 当サイトからいつでも見込み客にアプローチできます

出展者になる