熱量計

12 社 | 50
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
研究室用熱量計
研究室用熱量計
C 6000 global standards Package 1/12

... C 6000グローバル標準酸素爆弾熱量計は、現代の技術、変動性、自動化を1つの装置に統合しています。 これは、DIN、ISO、ASTM、GOST、GBなどのすべての爆弾熱量計基準に従って動作します。 測定モードごとに、3つの異なる開始温度22°C、25°C、30°Cから選択できます。 分解容器の新しい設計により、測定時間を短縮することができました。 PC、プリンタ(イーサネット、シリアル、USB)、バランス、USBスティック用のさまざまなインターフェースにより、このユニットはお客様の特定のアプリケーションニーズに容易に適応できます。 ...

その他の商品を見る
IKA
研究室用熱量計
研究室用熱量計
C 6000 global standards Package 1/10

... C 6000グローバル標準酸素爆弾熱量計は、現代の技術、変動性、自動化を1つの装置に統合しています。 これは、DIN、ISO、ASTM、GOST、GBなどのすべての爆弾熱量計基準に従って動作します。 測定モードごとに、3つの異なる開始温度22°C、25°C、30°Cから選択できます。 分解容器の新しい設計により、測定時間を短縮することができました。 PC、プリンタ(イーサネット、シリアル、USB)、バランス、USBスティック用のさまざまなインターフェースにより、このユニットはお客様の特定のアプリケーションニーズに容易に適応できます。 ...

その他の商品を見る
IKA
研究室用熱量計
研究室用熱量計
C 6000 isoperibol Package 2/12

... C 6000アイソパラ酸素爆弾熱量計は、現代の技術、変動性、自動化を1つの装置に統合しています。 これは、DIN、ISO、ASTM、GOST、GBなどのすべての爆弾熱量計基準に従って動作します。 オペレータは、各測定モードで3つの異なる開始温度22°C、25°C、30°Cから選択することができます。 分解容器の新しい設計により、測定時間を短縮することができます。 PC、プリンタ(イーサネット、シリアル、USB)、バランス、USBスティック用のさまざまなインターフェースにより、このユニットはお客様の特定のアプリケーションニーズに容易に適応できます。 ...

その他の商品を見る
IKA
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 3 series

モジュラー設計の示差走査熱量測定装置(DSC)は、学術研究や産業開発から品質保証や生産まで、手動または自動操作に最適な操作性と高精度の測定結果を提供します。 最高の測定感度と安定したベースラインを誇るDSCによるサンプル測定 – あらゆる種類の材料と現象の分析に最適。 メトラー・トレドの示差走査熱量測定装置Excellence シリーズは、高い測定感度を保証する120の熱電対を備えた革新的な特許取得DSCセンサを採用しています。 熱分析に関するウェビナーはこちら 熱分析に関する技術資料はこちら

等温滴定型熱量計
等温滴定型熱量計
MicroCal PEAQ-ITC Automated

結合に関する様々なパラメータを高い生産性で測定可能 MicroCal PEAQ-ITC Automatedは、完全に自動化された低容量、高感度の等温滴定型カロリメーターです。 本システムは、1回の測定で溶液中におけるあらゆる結合パラメータをでダイレクト、且つノンラベルで提供します。 アプリケーションとしては低分子、タンパク質、抗体、核酸、脂質およびその他の生体分子の分子間相互作用の特性評価などがあります。 また、酵素反応速度の測定にも使用できます。

等温滴定型熱量計
等温滴定型熱量計
MicroCal PEAQ-ITC

すべての結合パラメータを高感度で測定。 MicroCal PEAQ-ITCは、溶液中の生体分子の相互作用をノンラベルで測定できる高感度で低容量の等温滴定型カロリメーターです。 このシステムでは1回の測定ですべての結合パラメータをダイレクトに測定し、親和性が弱いバインダーから高いものまで、わずか10µgのサンプルを用いて解析できます。 セミオートのメンテナンス機能によりオペレータの介入が最小限で済みます。また、システムは完全自動化されたMicroCal PEAQ-ITC ...

間接的熱量計
間接的熱量計
CCM Express®

... CCMエクスプレス® 間接熱量計の 臨床医と栄養士は、CCMエクスプレス® 間接熱量計の関心について非常に重視されています。 病院にいる場合でも、私的慣行であっても、バイアス・フロー、圧力サポート、触発酸素(FiO2)の上昇または変動する割合を含む、最も要求の厳しい人工呼吸器環境で高度な技術を提供する方法が好きです。 顔テントやpreVent® フェイスマスクなど、CCM Expressの間接熱量計の快適な試験オプションから自発的に呼吸する患者。 タッチスクリーン操作、酸素および二酸化炭素センサー、呼吸分析を備えた内蔵コンピュータは、CCM ...

間接的熱量計
間接的熱量計
Ultima CCM™

... Ultima CCM™ 間接熱量計 Ultima CCM™ 間接熱量計は、高度な技術とガス分析を使用して、最も困難な人工呼吸器環境でも被験者を測定します。 これには、バイアス流量、圧力サポート、触発酸素(FiO2)の上昇または変動率が含まれます。 preVent® フェイスマスクまたはフェイステントを含むシステムの快適な患者インターフェースの1つを使用して、自然に呼吸する被験者も有益です。 このシステムは、堅牢な酸素、二酸化炭素、呼吸による分析を使用して、非常に正確な休息エネルギー消費(REE)および基質利用対象データを提供し、適切な栄養補助を判断します。 ...

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC-60 series

... DSC-60 Plusは、様々なDSCアプリケーションに対応しています。 DSC-60 Plusシリーズ 示差走査熱量計 DSC-60 Plusシリーズ DSC(示差走査熱量計)は、ポリマー、医薬品、電子部品、食品などの研究開発や品質管理に欠かせない熱分析装置です。高性能・高機能な新素材の開発に必要な感度と簡単な操作性を提供します。 オートサンプラーを内蔵したDSC-60A Plusモデルも用意しており、最大24サンプルの自動測定が可能です。 温度を一定の割合で上昇させた結果に温度変調した結果を重ね合わせることで、比熱の測定や、通常のDSCシステムでは分離できなかった複数の現象を簡単に測定することができます。 特徴 超低温から高温までの高感度測定を実現 DSC-60 ...

その他の商品を見る
Shimadzu
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC7000X

示差走査熱量計(DSC)の最新シリーズです。 DSC感度、ベースラインの安定性、温度追従性の大幅な向上に加え、オプションを追加することで測定の自動化や光化学熱測定、測定試料の光学的観察などを実現する、多才な拡張性を有しています。 高分子材料や無機材料、医薬品、食品などの分野における微量サンプルの融解、ガラス転移、結晶化、硬化、比熱、純度測定に最適です。 価格 ¥5,000,000~ 取扱会社:株式会社 日立ハイテクサイエンス 1. 高感度と優れたベースライン安定性・再現性 新型センサーは、熱電対を多重化にすることで、感度を従来に比べ3倍向上(当社比)しており、新型炉体は、低熱容量の金属製三層断熱壁を採用することで、ベースライン変動の影響を大幅に低減しました。これにより、DSC感度0.1 ...

その他の商品を見る
Hitachi High-Technologies
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 204 F1 Nevio

... 医薬品、食品、化粧品のための正確で信頼性の高いDSC結果 ...研究開発、材料特性評価、受託試験のためのプレミアム示差走査熱量計、DSC 204 F1 Nevioを使って。 この装置は以下の調査に役立ちます。 融解温度と融解エンタルピー 多形性 (固体物質が複数の形態や結晶構造を持つこと) 結晶化の温度とエンタルピー ガラス転移(非晶質領域や非晶質物質の特徴 固体-固体間の相互作用(例:物理的混合物の成分間 相図 共晶純度(Eutectic purity) 固体脂含量(SFC 反応温度とエンタルピー 比熱容量(cp) 架橋反応(硬化) 酸化誘起時間と温度(OIT(等温)、OIT(動的)、OOT 主要テクニカルデータ (変更される場合があります) 温度範囲(max. -180°Cから700°C 最大冷却速度/最大加熱速度 200 ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
食品産業用熱量計
食品産業用熱量計
5E-C5808

... 5E-C5808 自動熱量計 5E-C5808は、石油、石炭、コークス、食品、バイオマス製品を含む固体と液体の可燃物の発熱量を決定するために使用されるCKICの新世代の熱量計です。発熱量は各物質のための重大な特徴、また石炭の価格を計算するキーポイントです、従ってそれは直接顧客の経済的利益に影響を与えます。この技術は広く発電所、炭鉱、冶金、化学工業、商業検査、科学研究などに適用されます。 特徴 1.特許を取得したレーザー点火技術は、より簡単に、より速いサンプルの準備を可能にする、点火ワイヤーまたは綿糸は必要ありません(5E-C5808Jモデルのみで利用可能)。 2.1つのサンプルのための8分間の高速分析 3.酸素容器の自動昇降 4.酸素の自動充填・排出 5.ジャケットと水槽のインテリジェントな温度制御、ジャケットの水の一定の温度安定性は0.02℃に達する 6.簡単で便利なタッチスクリーン操作 7.コンパクトなデザインで占有面積が小さい 8.インテリジェント診断と安全保護機能 標準構成。 主な分析器 標準的なCV爆弾 ...

その他の商品を見る
Changsha Kaiyuan Instruments Co.,Ltd
間接的熱量計
間接的熱量計
Q-NRG

... Q-NRGは、臨床および人間のパフォーマンスアプリケーションのための代謝システムの設計で世界をリードするCOSMED社から発売された、自発呼吸をしている被験者の安静時エネルギー消費量(REE)測定に特化した初の間接熱量計です。 間接熱量測定は、臨床現場でのエネルギー消費量の測定におけるゴールドスタンダードであり、予測式1と比較して大きな利点があることが証明されています。 実際、この測定技術は、体格データに基づいて推定するのではなく、対象者の実際の物理的状態に基づいて、個別かつ動的な代謝評価を提供します。 Q-NRGは、COSMEDが栄養学分野の世界的な研究機関と共同で開発したユニークな製品です。製品のコンセプトと仕様は、ICALIC試験研究グループ2と共同で設計されました。このコラボレーションにより、使いやすく、かつ間接熱量測定技術の典型的な落とし穴をすべて解決できる正確な代謝システムの開発が可能になりました。 主な特徴 個人の代謝評価 ...

等温滴定型熱量計
等温滴定型熱量計
C80

... 反応、等温、走査熱量計(周囲 300 ℃) 比類のない測定精度:3Dカルベットセンサーがサンプルを完全に取り囲み、発熱したすべての熱を測定します。 熱変換がどれほど小さいか大きいかにかかわらず、システムは事象の全体像を提供します。 絶対校正:3 次元トランスデューサを使用すると、C80の感度 は独立しています:サンプルの重量、形態、性質(粉末、繊維、液体など) サンプルとトランスデューサとの間の任意 の接触使用されるるつぼのタイプ 掃引ガスの性質(慣性、 酸化、ウェット)とその流量。 ...

その他の商品を見る
SETARAM Instrumentation
間接的熱量計
間接的熱量計
Oxymax EConomy

... 一般的な情報 コロンブスインスツルメンツOxymax EConomyシステムは、同様の換気ニーズを持つ複数の被験者の代謝性能を同時に測定するように設計された間接的な開放回路熱計です。 システムは、既知の空気の流れが強制的に換気されているチャンバー、キャノピー、テント、またはマスクの入口ポートと出口ポートで、酸素と二酸化炭素の濃度を体積で監視します。 酸素消費量、二酸化炭素の生産、呼吸交換比、熱を計算するために、流れ情報と共にガス濃度の差を使用します。 オキシマックスエコノミーが提供するすべてのデータは、0° ...

間接的熱量計
間接的熱量計
CaloSys

... 真の完璧な代謝研究 PULLおよびPUSHモード(従来型または低酸素/アイソケージ研究用) 連続または多重サンプリング(最大1秒の時間分解能)高速マルチプレックス 測定のためのオプションの高速ガスセンサ 自動キャリブレーションにより、一貫したセンサ精度を確保 実験の前に プログラマブルマスフローコントローラは、動物のサイズ/種に応じて流量を最適化し、すべてのケージに専用の温度センサがあります 最初のパス物理ペルチェベースのガス乾燥ユニットによる水の変動の影響を排除し 、ガスアナライザはH2で拡張することができます。 ...