自動熱量計

4 社 | 15
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
等温滴定型熱量計
等温滴定型熱量計
MicroCal PEAQ-ITC

すべての結合パラメータを高感度で測定。 MicroCal PEAQ-ITCは、溶液中の生体分子の相互作用をノンラベルで測定できる高感度で低容量の等温滴定型カロリメーターです。 このシステムでは、1回の測定ですべての結合パラメータをダイレクトに測定し、親和性が弱いバインダーから高いものまで、わずか10µgのサンプルを用いて解析できます。 セミオートのメンテナンス機能によりオペレータの介入が最小限で済みます。また、システムは完全自動化されたMicroCal PEAQ-ITC ...

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DTG-60 Series

... プログラムに従って試料の温度を変化させ、同時に試料の質量変化(TG)と標準物質との温度差(DTA)を測定する装置です。分析天秤機構(ロバーバル機構)は再現性が高く、試料の重さを測定する場合でも安心して使用できます。最高測定温度の違いにより、DTG-60(最高1,100℃)とDTG-60H(最高1,500℃)の2機種を用意。また、オートサンプラー内蔵のDTG-60A、DTG-60AHも対応しており、最大24検体の自動測定が可能です。 特徴 高感度・高精度測定 DTG-60シリーズは、独自のバランス機構(ロバーバル機構)により、熱膨張や温度変化などによる感度変化を防ぎ、高感度・高精度な測定が可能です。 多様な測定に対応 反応ガス用の流路を装備 TG/DTA測定により、定性・定量分析、反応機構の検討、評価などを行うことができます。 自動化機能でスループット向上 自動解析機能で簡単に解析できます。"テンプレート機能" レポートの修正、分析、レイアウト設定などを、テンプレートを使って自動的に行うことができます。 測定からデータ解析までを簡単に操作できるソフトウェア LabSolutions ...

示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 204 F1 Nevio

... 医薬品、食品、化粧品のための正確で信頼性の高いDSC結果 DSC 204 F1 Nevioは、研究開発、材料特性評価、受託試験のためのプレミアム示差走査熱量計です。 この装置は、以下のような調査に使用できます。 融解温度とエンタルピー 物質の融解エンタルピーは潜熱とも呼ばれ、物質を固体状態から液体状態に変換するために必要なエネルギー入力(一般的には熱)の指標となります。物質の融点は、物質が固体(結晶)から液体(等方性融体)に状態変化する温度である。 融点と融解のエンタルピー 多形性 多形性とは、固体物質が異なる結晶構造を形成する能力(同義語:形態、修飾)である。 多形性(固体物質が複数の形態または結晶構造で存在する能力) 結晶化 結晶化とは、結晶が形成され成長する過程で硬化する物理的プロセスのことである。この過程で、結晶化熱が放出される。 結晶化の温度とエンタルピー ガラス転移(非晶質領域や非晶質物質に特徴的な現象) 固体-固体間の相互作用(物理的混合物の成分間など) 相図 共晶純度 共晶系とは、2成分の均質な混合物で、純物質のように融解、凝固するものをいう。 共晶純度 固形分(SFC) 反応温度とエンタルピー ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 214 Nevio

... 医薬品、食品、化粧品の相変態を研究する ...市場最速の熱流束DSC装置であるDSC 214 Nevioを使用しています。 示差走査熱量計(DSC)で得られる情報。 溶融温度とエンタルピー 多形性 結晶化温度とエンタルピー ガラス転移 固体-固体相互作用(相溶性など) 相図 共晶の純度 固体脂分 反応温度とエンタルピー 架橋反応(硬化) 酸化誘導時間と温度(OIT(等温)、OIT(動的)、OOT) DSC 214 Nevioの特長。 コンパクト DSC 214 ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 204 F1 Phoenix®

汎用性の高い示差走査熱量計DSC 204 F1 Phoenix®は、ユニークな設計思想に基づいています。: すべての主要コンポーネントは装置に内蔵されており、オプション付属機器は、分析現場でいつでも接続することができます。 DSC測定セルは、試料室内の広い熱対称性(3D対称性)を実現するよう、加熱コイル上に設置された熱伝導率の高いシリンダー状の銀製ブロック、液体窒素や圧縮空気用冷却ポート、イントラクーラー接続用冷却リング(液体窒素との同時冷却にも使用) で構成されています。ガスタイト構造とパージガス及び保護ガス用内臓マスフローコントローラーによりガス分析用 ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
Photo-DSC 204 F1 Phoenix®

光硬化システムの主要な利点は、その反応速度の速さにあります。ほとんど溶媒の無いモノマー溶液は、低温度でも数秒以内に硬化させることができます。熱と光硬化反応の組み合わせは、デュアル硬化型の接着剤や塗料によく使われています。 NETZSCH示差フォトカロリメーター Photo-DSC 204 F1 Phoenix®は、温度範囲 -100°C ~ 200°Cで測定します。この示差フォトカロリメーターは、ガスタイト測定セルを有しており、パージガスは、マスフローコントローラー(MFC)で制御されます。 示差フォトカロリメーターPhoto-DSC ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 3500 Sirius

材料特性解析用の経済性の高いスタート分析装置 DSC 3500 Sirius は、-170°C~600°Cの温度範囲で、高い感度をもつ最先端の技術を、堅牢で操作が容易な測定システムに融合させました。DSC 3500 Sirius 測定セルの最大の特徴は、長寿命ヒーターエレメントを装備したシルバー加熱炉と高い安定性と最適の分解能を備えるモノリシックDSCセンサーに有ります。 測定サンプルが多い場合は、自動サンプルチェンジャー(ASC)を装備することをお薦めします。試料容器の種類が違うタイプの場合でも、最大20試料、参照まで処理することが可能です。 日本で開発されたDSC ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 204 HP Phoenix®

多くの物理プロセスや化学反応は、雰囲気ガスの圧力に影響されます。この理由から、加圧条件下でのDSC測定が、しばしば、必要となります。 高圧示差走査熱量計DSC 204 HP Phoenix®によって、ガスのタイプによって異なりますが、-150°C ~ 600°Cの温度範囲で、真空から15 MPa (150 bar) までの試料熱反応の測定が可能になります。 試料室雰囲気は、高圧下ガス静止でも高圧下ガスフロー条件でも可能です。パージガスフローの正確な制御を可能にする電子モニター制御装置が、測定結果の高い精度と再現性を可能にします。 低温度領域の測定には、定評を頂いているCC ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 404 F3 Pegasus®

高温示差走査熱量計DSC 404 F3 Pegasus®は、経済的なNETZSCH F3-製品シリーズの一つで、特に、材料特性の比較測定や品質管理の要求にお応えできるよう設計されています。 高温示差走査熱量計DSC 404 F3 Pegasus®は、ユーザーが簡単に交換可能な様々なDTA、DSCセンサーや、加熱炉により、-150℃から2000℃の測定が可能です。 (アクセサリーの頁を参照) 試料室は、試料からの発生ガスを排除するために、不活性ガスや酸化性ガスでパージすることができます。 測定システムは、真空密閉構造になっています(10-4 ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
DSC 404 F1 Pegasus®

新しい高温示差走査熱量計DSC 404 F1 Pegasus®は、高温領域での高機能材料の比熱(cp)を正確に測定するよう設計されています。 セラミックスや金属高機能材料の熱力学的特性の解析 純粋雰囲気中でのエンタルピー定量測定や比熱(cp)測定機能 酸化しやすい材料の測定のために、高純度雰囲気を可能にする10-4 mbar までの真空密閉構造 アモルファス金属、形状記憶合金や無機ガラスの特性解析 この新しいDSC 404 F1 Pegasus® は、高い適応性と高品質の最高の性能を発揮します。 DSC ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
示差走査熱量計
示差走査熱量計
ARC® 254

最大200K/分のトラッキング速度により、より信頼性が高く、幅広いアプリケーションをカバーしています。 特許VariPhi®技術により、小さくて安全な試料でも低いφ値での測定が可能です。 また、ARC® 254の様々な測定モードにより、発熱量、吸熱量、試料Cpの効果的な測定ができます。 装置の制御・測定に、NETZSCH社の他の熱分析装置と同様、定評あるProteus® ソフトウェアが使用できるようになりました。 加速速度熱量計ARC® 254 (ARC® ...

その他の商品を見る
NETZSCH Analyzing & Testing
等温滴定型熱量計
等温滴定型熱量計
5E-AC

... 5E-AC/PL の熱量計が発電所、炭鉱、冶金学、化学工業、商業点検、科学研究、等で広く適用される石油、石炭、コークス、食糧および生物量プロダクトのような固体および液体可燃物の熱量を定めるのに使用されています。 特徴。 1.水循環システムは、簡単で信頼性の高い通信容器の理論を適用します。 2.大容量のジャケットで、バケットと環境との熱の移動を最小限に抑えます。 3.毎回の分析後にバケツの水を冷却するための大型水槽を装備しています。 4.自動診断、リモートデータ転送、バランス接続が可能。 標準構成。 主な分析器 標準的なCV爆弾 データシステム(PC・プリンタ ハンドル酸素充電器 坩堝 イグニッションワイヤー 安息香酸 Oリングキット ツールキット オプション構成です。 レンズペーパー ペレットプレス 卓上型酸素充電器 ハロゲン耐性酸素容器 ...

その他の商品を見る
Changsha Kaiyuan Instruments Co.,Ltd
等温滴定型熱量計
等温滴定型熱量計
5E-C5508

... 5E-C5508は、石油、石炭、コークス、食品、バイオマス製品など、固体および液体の可燃物の発熱量を測定するために使用されます。発熱量は各物質の重要な特性であり、また石炭の価格を計算するキーポイントでもあるため、お客様の経済的利益に直接影響します。この技術は発電所、炭鉱、冶金、化学工業、商業検査、科学研究などで広く応用されている。 特徴 フル オートの酸素の充満システム 統合された酸素充満システム、電磁石弁によって制御される調整装置による酸素シリンダーへのまっすぐな関係は酸素充満のために、5E-C5508 ...

その他の商品を見る
Changsha Kaiyuan Instruments Co.,Ltd
等温滴定型熱量計
等温滴定型熱量計
5E-C5500

... 5E-C5500は、石油、石炭、コークス、食品、バイオマス製品など、固体および液体の可燃物の発熱量を測定するために使用されます。発熱量は各物質の重要な特性であり、また石炭の価格を計算するキーポイントでもあるため、お客様の経済的利益に直接影響します。この技術は発電所、炭鉱、冶金、化学工業、商業検査、科学研究などで広く応用されている。 特徴 容器を囲むジャケットは、分析中に0.1℃の精度で一定温度に保たれます。容器の機械的支持は、非常に低い熱伝導性のプラスチックで作られています。バケツの側面、上面、底面に水を入れることにより、熱伝導を最小限に抑えています。 高い自動化・効率化 1.精度や正確さに妥協することなく、ダイナミックな測定が可能です。 2.現在のサンプルを分析している間に、2つ目の酸素容器とサンプルを準備することができます。 3.1台のコンピュータで2台の熱量計を制御でき、試料質量を直接PCに転送できます。 信頼性の高い試験結果を得るための最適化された設計 1.信頼性の高い定量カップにより、バケツの水量が安定します。 2.クローズドループの水循環により、溶液を追加することなく、水システムの純度を保証します。 3.バケツに内蔵されたフィルターが循環水を浄化します。 標準構成 メインアナライザー。制御ユニットとチラー 標準CV爆弾 データシステム(PC&プリンタ) ハンドル式酸素チャージャー るつぼ オプションの構成 レンズペーパー ペレットプレス 卓上型酸素チャージャー 耐ハロゲン酸素容器 イグニッションワイヤー O-リングキット ツールキット ...

その他の商品を見る
Changsha Kaiyuan Instruments Co.,Ltd
食品産業用熱量計
食品産業用熱量計
5E-C5808

... 5E-C5808 自動熱量計 5E-C5808は、石油、石炭、コークス、食品、バイオマス製品を含む固体と液体の可燃物の発熱量を決定するために使用されるCKICの新世代の熱量計です。発熱量は各物質のための重大な特徴、また石炭の価格を計算するキーポイントです、従ってそれは直接顧客の経済的利益に影響を与えます。この技術は広く発電所、炭鉱、冶金、化学工業、商業検査、科学研究などに適用されます。 特徴 1.特許を取得したレーザー点火技術は、より簡単に、より速いサンプルの準備を可能にする、点火ワイヤーまたは綿糸は必要ありません(5E-C5808Jモデルのみで利用可能)。 2.1つのサンプルのための8分間の高速分析 3.酸素容器の自動昇降 4.酸素の自動充填・排出 5.ジャケットと水槽のインテリジェントな温度制御、ジャケットの水の一定の温度安定性は0.02℃に達する 6.簡単で便利なタッチスクリーン操作 7.コンパクトなデザインで占有面積が小さい 8.インテリジェント診断と安全保護機能 標準構成。 主な分析器 標準的なCV爆弾 ...

その他の商品を見る
Changsha Kaiyuan Instruments Co.,Ltd