末梢ステント VascuFlex® 5 and 6 F
大腿動脈用ニチノール製自動展開可能

末梢ステント
末梢ステント
末梢ステント
末梢ステント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
末梢, 大腿動脈用
素材
ニチノール製
その他の特徴
自動展開可能

詳細

VascuFlex® 5および6 F 末梢用自己拡張型ニチノール製ステントシステム 経皮的経皮的血管形成術(PTA)と表在大腿動脈および膝窩動脈へのステント留置は,周術期の罹患率や死亡率の低下,入院期間の短縮などの理由から,間欠性跛行(IC)や重症虚血肢(CLI)を有する患者の大多数に選択される治療法である[1, 2]。現在までに、大腿動脈および膝窩動脈の血管形成術後の長期的な開存率を改善する目的で、ニチノール製の自己拡張型ベアメタルステントや薬剤塗布バルーン(DCB)などのいくつかの新しい技術が登場している[3, 4]。 [Tendera M, Aboyans V, Bartelink ML et al (2011) ESC Guidelines on the diagnosis and treatment of peripheral artery diseases: document covering atherosclerotic disease of extracranial carotid and vertebral, mesenteric, renal, upper and lower extimates arteries: Task Force on the Diagnosis and Treatment of Peripheral Artery Diseases of the European Society of Cardiology (ESC).Eur Heart J 32(22):2851-2906 [2] Tsetis D, Belli AM (2004) Infrainguinal arterial diseaseにおけるステント治療のガイドライン。Cardiovasc Intervent Radiol 27(3):198-203 [Cassese S, Byrne RA, Ott I et al (2012) Paclitaxel-coated vs. uncoated balloon angioplasty reduces target lesion revascularization in patients with femoropopliteal arterial disease: a meta-analysis of randomized trial.Circ Cardiovasc Interv 5(4):582-589 [Schillinger M, Sabeti S, Loewe C et al (2006) 表在大腿動脈におけるバルーン血管形成術とニチノールステントの留置の比較。N Engl J Med 354(18):1879-1888

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Aesculap®の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。