救急担架
救急車用折り畳み可能X線透視

救急担架
救急担架
救急担架
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
救急, 救急車用
機能
折り畳み可能, X線透視, 調節可能背もたれ, 高さ調整可能, トレンデレンブルグ体位, 逆トレンデレンブルグ体位
その他の特徴
アルミニウム製

詳細

アルミニウム61(AA 6351)またはそれに等しい別の材料または抗菌機能を提供するCr-Niステンレス材料から製造されたストレッチャーの主要な骨格で使用されるパイプ。それは、EN 1865およびEN 1789規格に準拠して製造されています。伸張器に最高で 160 キログラムの患者を運ぶ機能があります。実際は、それは重荷の250キログラムとテストされる。ストレッチャーの重量は最も遠いところで38キログラムである(マットレスおよびベルトなしで)。 救急車のメインストレッチャーは、特殊合金を使用した強化アルミパイプから、射出成形で変更可能なものを製作しました。また、粉体塗料を静電塗装することで、目的の色に着色したり、アルマイト処理を施したりすることも可能です。また、背もたれ部は、メカニック式や油圧式など様々な段差をつけて配置することができる。また、ストレッチャーに属する本体の上面の両側には、手すりが配置されている。 頭部と上半身の部分は完全にABSかアルミニウムと合金になった堅い材料で覆われ、CPRの適用を作ることを可能にするために。患者を安全に保つためにストレッチャーに取り付けられた3つの簡単なストレッチャーベルトおよび肩ベルト。ストレッチャーは開けられた後地面に接触する 4 つの車輪を備えています。そのうちの2つは頭部に配置され、ロック可能であることとして提供され、他のものは約360度回転可能であることとして製造されています。車輪は少なくとも2mmsの直径を有する。ストレッチャーは、要求されれば、地面に基づいて移動可能なプラットフォームに取り付けることができます。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。