研究室用遠心機 ROTOFIX 32 A
医療用多機能卓上

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 医療用
機能
多機能
設定
卓上
その他の特徴
冷却, 高性能, 可動槽式
速度

最少: 0 rpm (0 rad.min-1)

最大: 6,000 rpm (37,699.1 rad.min-1)

詳細

ぼろぼろとしていて無節操 何十年もの間、ROTOFIX 32 A は、その汎用性と堅固な構造により、日常の研究室での標準となっています。この卓上型遠心機は,6 x 94 ml,40本の採血管,または8 x 50 mlの円錐管までの試料を簡単なユーザーインターフェースで回転させることができます。ヘティヒの細胞診用ローターは、ほとんどの既存の漏斗・スライドシステムと互換性があり、生物学的封じ込めの蓋が付いています。 事実と数字 MAX.容量 4 x 100 ml | 6 x 94 ml MAX.RCF. 4,226 MAX.回転数 6,000 min-1 WEIGHT. 約23kg 冷凍 空冷 寸法(幅×奥行×高さ)。 366 x 430 x 257 mm 応用分野 臨床化学、血液学、細胞学 スイングアウトローターやアングルローターで血液管や尿管を回転させるための多用途で耐久性のある遠心分離機です。 ユニークなバイオシール12箇所クリップローターまたは柔軟で経済的な2ステップアクセサリーを使用して細胞診を行います。 研究・産業、細胞培養 細胞培養中の細胞を通過させるための最大8×50mlのコニカルチューブが可能です。 施設のご案内 病院 獣医学的検査室 細胞培養実験室 大学の研究室 製薬ラボ 医師のオフィスラボ(POL) サンプルに最適な条件 高価な専用の細胞遠心機を購入する必要がない ROTOFIX 32 Aは、細胞診を含む複数のアプリケーションを同じ遠心機で行うことができ、コストとベンチスペースを節約することができます。ヘティヒ社の12箇所クリップローターは、最大6mlの単一細胞室まで回転させることができ、バイオ封じ込め蓋はオートクレーブ可能です。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。