食品産業用熱量計 5E-C5808
科学研究用自動コンパクト

食品産業用熱量計
食品産業用熱量計
食品産業用熱量計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
食品産業用, 科学研究用
その他の特徴
自動, コンパクト

詳細

5E-C5808はCKICの新世代熱量計で、石油、石炭、コークス、食品、バイオマス製品などの固体及び液体可燃物の熱量を測定するために使用されます。発熱量は各物質の重要な特性であり、石炭の価格を計算する重要なポイントでもあり、顧客の経済利益に直接影響します。この技術は発電所、炭鉱、冶金、化学工業、商業検査、科学研究などに広く応用されている。 特徴 1.特許取得済みのレーザー点火技術により、より簡単で迅速な試料作成が可能、点火ワイヤーや綿糸は不要(5E-C5808Jモデルのみ使用可能) 2.1サンプル8分の高速分析 3.自動酸素容器リフト 4.自動酸素チャージとベント 5.ジャケットおよび水漕の理性的な温度調整、ジャケットの水一定した温度の安定性は 0.02℃に達します 6.簡単で便利なタッチスクリーン操作 7.コンパクトな設計で、占有スペースが小さい 8.インテリジェントな診断と安全保護機能 標準的な構成 メインアナライザー 標準CV-2ユニット るつぼ 安息香酸 Oリングキット ツールキット オプションの構成 レンズペーパー ペレットプレス 耐ハロゲン酸素容器 仕様 精度(安息香酸1g) 0.05% RSD 測定範囲 最大50000J 熱容量の安定性 1年以内に≤0.2 温度分解能 0.0001℃ 制御能力 2ユニット/1PC使用可能 サンプルあたりの分析時間 8分 ジャケットタイプ アイソペリボル 点火方法 点火ワイヤー / 特許レーザー点火技術 - 5E-C5808Jモデルのみ使用可能 爆弾の識別 あり

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。