自動サンプル準備システム MULTIPLANT / AUTOPLANT PRORES
製薬産業乾燥濾過

自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作
自動
応用
製薬産業
用途
乾燥, 濾過, 固相抽出用
設定
モジュール式

詳細

オーバーヘッド重量分注/投与(特許取得済み)における最先端技術と、当社のリアクターとプロセスの卓越性、および当社のユーザーフレンドリーなソフトウェアを組み合わせることで、有機プロセスR&Dワークフローを標準化、最適化、加速することができます。AUTOPLLANT/MULTPLLANT PRORESは、最大36基の原子炉で自動触媒試験と反応パラメータの最適化を同時に実現します。 利点/主な特徴 実験あたりのコストを90+%まで削減。 生産性を10倍以上向上させます。 オートプラントでのランあたり最大36回の実験、マルチプラントでのランあたり最大6回の実験。 近赤外線、PSD、熱量測定、pHなどのPATにより、各リアクタのすべてのプロセスパラメータを個別に制御。 各リアクタで独立した、正確な温度と攪拌制御。 原子炉あたり最大8個の独立したガス、液化ガス、液体供給が可能です。 重量固形および粘性液体分注。 容積測定用液体処理およびサンプリング用4針ヘッド。 反応条件下での給餌とサンプリング。 オプションのディーン・スタークの水除去または蒸留により、周囲または高圧下での還流下反応。 pHモニタリングおよび制御。 多段階反応のための血管間移動 液体/液体抽出、乾燥、固相抽出、ろ過または蒸発による作業。 所定の位置での洗浄(自動洗浄、インサートなど)。 ディスペンス量、スターラー速度、温度、圧力、時間などのデータは、読み取り専用のログファイルに保存されます。 便利なインターフェイスでデータに簡単にアクセスでき、Excelやその他のソフトウェアに結果を取り込むことができます。 DoE へのインターフェイス。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。