紫外可視分光光度計 EMC-18S-UV
単一ビームタングステン重水素アークランプ

紫外可視分光光度計
紫外可視分光光度計
紫外可視分光光度計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

その他の特徴
USBポート付き, タングステン, 重水素アークランプ, 単一ビーム
波長

最大: 1,100 nm

最少: 190 nm

2 nm

詳細

EMC-18S-UV は高度の性能の使いやすい器械です、迷光は 0.05%T だけです。ローカルスタンドアロンソフトウェアは、測光、定量試験、キネティクス、システムユーティリティ機能の機能を提供します。 特徴。 カラーTFT画面 システムはまた試験結果を保存することができます。データ200標準曲線の合計200グループをRAMに保存することができます。チェックやリロードに便利です。 データは突然の停電の後で元通りにすることができます 自動設定波長 タングステンランプ&重水素ランプは、寿命を延ばすために個別にオン/オフをオンにすることができます。 前もって整列された設計はランプを変えることを便利にします 大きなサンプルコンパートメント、それはオプションのホルダーを使用して5-100 mmのパス長さのキュベットを収容することができます。豊富なオプションアクセサリーをご用意しています。EASY UVベーシックPCソフトウェア付属 オプションでご利用いただけます。 EASY UV PCソフトウェアは、内蔵USBポートを介してコンピュータから分光光度計を完全に制御することができます。 以下の機能に拡張することができます。I.定量的、II.キネティクス、III。波長スキャン、IV。マルチ波長、V. DNA/タンパク質 IQ/OQ/PQ文書化 Audit Trail PCソフトウェア(FDA 21 CFR Part 11準拠

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

EMCLAB Instruments GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。