実験用熱量計 C 200 h auto

実験用熱量計
実験用熱量計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

応用
実験用

詳細

C 200 hオートパッケージは、完全に自動化された水サイクルでC 200を操作することができます。 これにより、取り扱いが容易になり、特に解析数が少ないラボでは貴重な時間を節約できます。 水は閉じたループ内を循環し、再循環チラーを使用して一定の温度に保たれます。 これにより、各実験の準備時間が短縮され、さらに再現性の高い結果が得られます。 配信の範囲が含まれています: C 200熱量計測定セル C 5012ハロゲン耐性、触媒活性分解容器 C 200.2変換キットC 5012 C 248酸素充填ステーション RC 2基本的な循環チラー C 200.RCホースセット 校正のための消耗品と設置 半自動化および規格に準拠した燃焼熱量計は、液体および固体試料の総発熱量を決定します。 これまでのところ、主に専門学校や大学での教育や訓練のために使用されてきました。 自動水処理により、分析数が少ない産業ラボにも適しています。 触媒活性化、ハロゲン耐性分解容器C 5012は、ハロゲンと硫黄(> 3%)を含むサンプルの燃焼用に特別に設計されています。 分解容器(Hastelloy)の材料は、塩素含有量の高いサンプルによる腐食を防止します。 燃焼後にハロゲンおよび/または硫黄の分析が必要な場合、触媒活性化された内面は、より高い回収率をもたらす。 4つの異なる動作モードにより、ユーザーは個々の要件に応じて測定時間を制御できます。 イソペリボル:約17分。 ダイナミック:約8分

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。