ベンチトップ型実験用培養器 ISS series

ベンチトップ型実験用培養器
ベンチトップ型実験用培養器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

形状
ベンチトップ型
温度域

最大: 80 °C (176 °F)

最少: 5 °C (41 °F)

容積

最大: 500 l (132.1 gal)

最少: 10 l (2.6 gal)

詳細

特に床で二重積み重ねられるか、またはスペース節約のための実験室ベンチにあるように設計した。 多目的孵化させたシェーカーは温度調整および大きい薬室容積の広い範囲を特色にする。 操作特徴 概要制御 容易なアイコンおよび論理的なメニューが付いている直観的なタッチ画面LCDのコントローラー。 自動操業は力の中断の後で不揮発性セット・ポイント記憶と利用できる。 作り付けRS-232港およびUSBは外部制御およびデータ収集のために左舷に取る。 制御の動揺 速度範囲: 10から500のrpm。 (積み重ねの上の単位のための250rpmへの10) 軌道直径: 19.1mm。 タイマーの範囲: 1 min.から999 hr 59 min。 動揺の速度の偏差によって活動化させる聞こえるか目に見える警報。 心配自由な操作。 -不均衡な負荷配置、不安定な床から引き起こされる珍しい振動または外的な衝撃のような余分な作業負荷の場合には自動動揺の速度の調節。 過電流、停止されたプラットホームの点検に対するシェーカーの保護システム。 温度調整 温度較差: Amb。 80 °Cへの+5°C (ISS-3075/4075のために) Amb。 -20°C (80°CへのMin. +4) (ISS-3075R/4075Rのために) マイクロプロセッサPID制御および自動調整。 3ポイント温度の口径測定。 三重の独立した温度のモニターシステム。 -温度の偏差警報(ハイ・ロー) -電子温度振幅制限器(ハイ・ロー) -機械過熱振幅制限器(高い)

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。