研究室用サンプル準備システム IB-19530CP
電子顕微鏡用卓上ハイスループット

研究室用サンプル準備システム
研究室用サンプル準備システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 電子顕微鏡用
設定
卓上
その他の特徴
ハイスループット, 高速

詳細

特徴 IB-19530CPは、ますます多様化する市場のニーズを満たし、さまざまな種類の機能ホルダーによる多機能性を実現する革新的な設計の多目的ステージを備えています。 特殊な機能ホルダーと組み合わせた多目的ステージにより、平面フライス加工、研磨、スッタコーティング、さらに従来の断面イオンフライス加工など、さまざまな機能を実行できます。 ハイスループット 高速イオン源とオートスタート機能により、フライス加工結果を迅速に実現します。 自動加工プログラム 高速加工および仕上げは、短時間で高品質の断面を準備するようにプログラムすることができます。 断続的な処理は、低融点温度でイオンビーム照射を受けやすい材料の調製を強化するようにプログラムすることもできます。 セットアップが容易 モジュール化されたホルダーは、IB-19530CPの内部または外部光学顕微鏡を利用して正確にフライス領域を調整できます。 多目的段階 平面フライス加工やイオンビームスパッターコーティングなどの追加機能を、様々なホルダを介して利用することができます。 長寿命シールドプレート シールドプレートの寿命は、従来の製品の約3倍の耐久性があり、加工速度と寿命が長くなります。 イオン加速電圧 2~8kV フライスイング機能 最大500μm/h以上試料サイズ 11mm (W) x 10mm (L) x 2mm (T) 試料スイング機能フライスイングミリング中の試料を±30° 自動起動モードプリセット圧力値に達すると、フライスイングが自動的に開始されます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Jeolの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。