1. 製品 > 
  2. キャスター付き外科用顕微鏡 > 
  3. Leica Microsystems/ライカ

キャスター付き外科用顕微鏡 M530 OHX

キャスター付き外科用顕微鏡
キャスター付き外科用顕微鏡
キャスター付き外科用顕微鏡
キャスター付き外科用顕微鏡
キャスター付き外科用顕微鏡
キャスター付き外科用顕微鏡
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格

特徴

エルゴノミクス
キャスター付き

詳細

高精度がスタンダードに 高精度手術用顕微鏡 ライカ Leica M530 OHX 脳神経外科、脊椎外科、形成外科向け 米国・カナダ以外の方はここをクリック 頭蓋・脊椎外科あるいは形成外科の患者に対して、高水準の精度を達成することが術者の目標です。当社の目標は、精密な可視化及び機器の精密な動きを実現し、良質なサポートを提供することです。 このため当社は手術室での信頼できる助手となる M530 OHX 手術用顕微鏡を開発しました。 革新的な FusionOptics 技術とキセノン照明によって今までにない視野が得られます。脊椎手術でしばしば必要となる深いキャビティ内での作業も、スムーズで正確なポジション決めと 600 mm のワーキングディスタンスにより容易になります。さらに 視覚データが必要な場合は、FL800 血管蛍光モジュールや CaptiView 視野内表示を利用することができます。 M530 OHX は精密さがスタンダードであり、手術における高いレベルの精度の達成を支援します。 高精度の光学系 深いキャビティ内での作業が必要な場合があります。このため、焦点深度が深く、高解像度で、影のない明るい画像を得るための様々な機能を追加しました。キャビティの底までクリアに見えることは、手術において大きなサポートとなります。 400 W キセノンランプおよびアポクロマート光学系と FusionOptics テクノロジーの組み合わせによる明るく鮮明な焦点画像 スモールアングルイルミネーション(SAI)が、光を均一に分布させ、深く狭いキャビティ内の影を減少 倍率を 40% 増大させる高倍アダプター(オプション) 脊椎手術アシスタント用の独立したフォーカス調整機能 ワークフロー効率を再定義 脊椎手術中に、長い器具が顕微鏡の下に入らないのでルーペに切り替えなければならない、ということはありませんか?もうその必要はありません。ワーキングディスタンスが 600 mm あるため、中断せずに作業が可能です。セットアップと設定確認が簡単にできるため、手術ワークフローの最適化がさらに容易になります。 600 mm のワーキングディスタンスによる高い自由度 直観的なタッチスクリーンによる簡単・迅速なセットアップ SpeedSpot レーザーフォーカスにより、メインの執刀医、アシスタント、ビデオカメラに対し迅速で容易なピント合わせが可能 オプティクスキャリア上方の術者用情報パネルで設定の確認が可能
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。