1. 手術ユニット > 
  2. 手術室 > 
  3. 脳神経外科顕微鏡 > 
  4. Leica Microsystems/ライカ

脳神経外科顕微鏡 Leica M530 OHXキャスター付き

脳神経外科顕微鏡
脳神経外科顕微鏡
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格

特徴

顕微鏡のタイプ
脳神経外科顕微鏡
エルゴノミクス
キャスター付き

詳細

高精度がスタンダードに 高精度手術用顕微鏡 ライカ Leica M530 OHX 脳神経外科、脊椎外科、形成外科向け 米国・カナダ以外の方はここをクリック 頭蓋・脊椎外科あるいは形成外科の患者に対して、高水準の精度を達成することが術者の目標です。当社の目標は、精密な可視化及び機器の精密な動きを実現し、良質なサポートを提供することです。 このため当社は手術室での信頼できる助手となる M530 OHX 手術用顕微鏡を開発しました。 革新的な FusionOptics 技術とキセノン照明によって今までにない視野が得られます。脊椎手術でしばしば必要となる深いキャビティ内での作業も、スムーズで正確なポジション決めと 600 mm のワーキングディスタンスにより容易になります。さらに 視覚データが必要な場合は、FL800 血管蛍光モジュールや CaptiView 視野内表示を利用することができます。 M530 OHX は精密さがスタンダードであり、手術における高いレベルの精度の達成を支援します。 製品または各仕様の有無はお使いになる地域の認可に応じて異なります。詳細は、ライカ マイクロシステムズまたはお取引ディーラーにお問い合わせください。 FusionOptics テクノロジーでより多くの視覚情報を ライカ マイクロシステムズの画期的な技術 FusionOptics は、深い焦点深度と高解像度を組み合わせることで、他に類例のない術野画像を作り出します。 フルフォーカスのエリアが広いため、再調整の手間が省け、ワークフローがより円滑になります。 FusionOptics の技術 2 系統の光路 一方の光路で深い焦点深度を確保 他方の光路で高解像度を確保 脳はこの 2 つの画像を融合させ、1 つの最適な空間画像を生み出します。

カタログ

この商品のカタログはありません。

Leica Microsystemsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。