video corpo

32パラメーター血液分析装置 / 人間 / 卓上型 / タッチパネル付
Celltac G

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
32パラメーター血液分析装置 / 人間 / 卓上型 / タッチパネル付 32パラメーター血液分析装置 / 人間 / 卓上型 / タッチパネル付 - Celltac G
{{requestButtons}}

特徴

  • パフォーマンス:

    32パラメーター

  • 患者のタイプ:

    人間

  • その他の特徴:

    卓上型, タッチパネル付, レーザーフラックス血球計算

詳細

オートサンプラ内蔵のフルオート・コンパクトタイプ。
最大90検体/時間(オート測定時)の高速処理。
白血球5分類を含む24項目を測定します。
試薬管理システムの搭載により、試薬管理を簡略化するとともに、検査品質の安定化を図っています。
従来のシステム連携に加え、HL7にも対応。医療情報システムとのシームレスな双方向通信が行えます。
測定部にアダプタをセットすることにより、スタット(緊急)測定に対応。さらにアダプタの選択により微量血容器や前希釈モードにも対応します。
操作パネル面にステータスインジケータを搭載。「緑」は正常動作中、「赤」はエラー検知など、室内の離れた場所からでも装置の状態を見やすく表示。
スマート・カララック・マッチTMシステム
8色に色分けされたカラーラックと、検体位置を示す画面表示が連動し、色情報で異常検体などの検出をサポート。より確実で、効率の良い検査が可能になりました。
ウォーク・アウェーシステム
ワンタッチで撹拌から測定までを自動的に行うことが可能です。ウォーク・アウェーシステムにより、カラーラックを連続挿入でき、最大90検体/時間の測定を可能にしています。
より経済的に
イナスキャッタ・レーザ・テクノロジーTM
無染色試薬と半導体レーザ照射の錯乱光を用いることにより、コストパフォーマンスの向上と迅速・正確な白血球分類情報の提供を可能にしました。
より正確に、高精度に
ダイナへリックス・フロー・テクノロジーTM
シースフローと、リエントリ抑制のための流体旋回処理技術により、細胞数低値域での測定精度が向上しました。
測定項目
WBC、LY%、MO%、NE%、EO%、BA%、LY、MO、NE、EO、BA、RBC、HGB、HCT、MCV、MCH、MCHC、RDW-CV、RDW-SD、PLT、PCT、MPV、PDW、P-LCR
検出方式
血球数 : 電気抵抗検出方式
ヘモグロビン : 比色法
ヘマトクリット : ヒストグラムより計算
白血球5分類 : レーザ散乱光検出方式・フローサイトメトリ方式
処理能力
オート測定 : 90検体/時間
マニュアル測定 : 90秒以内/検体
必要血液量
通常モード(CBC+Diff):40μL
通常モード(CBC):25μL
前希釈モード:20μL
記憶データ数
測定データ 10,000検体(内部メモリにて)
電源AC100V 330VA
寸法・質量
幅675×高さ576×奥行589mm 約66kg