円筒形歯科インプラント Standard+ series
チタン製インターナル六角形1サイクル

円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
円筒形歯科インプラント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
円筒形
素材
チタン製
接合部
インターナル六角形
用途
1サイクル, 2サイクル
機能
セルフドリリング
直径

3.5 mm, 4 mm, 5 mm (0.14 in)

長さ

8 mm, 10 mm, 13 mm, 15 mm (0.31 in)

詳細

Standard+シリーズ インプラントはより低いですか上顎の行方不明の歯か歯を取り替えることの使用のためにインプラント安定性をすぐに達成することができれば設計されている。第一段および二段式外科的処置で使用することができる。抽出のソケットまたは歯茎の部分的か完全なhealingと状態の即時の取付けのために示される。他の表面処理のインプラントがより少なく有効かもしれない柔らかい骨の使用のために特に適した。柔らかい骨を搭載する単一の歯の復帰を除くすべての徴候の即時のローディングのために適した(インプラント安定性を達成してタイプIV)は困難かもしれ、即時のローディングは推薦されない。精錬は存在の表面の地形、商用化されたインプラント骨およびインプラントの表面に沿うよりよい相互作用を提供する。この相互作用は骨インプラント相互作用に対する好ましい効果をもたらす生物的反作用をもたらす。NDI Standard+シリーズ インプラントは外科医および特定の臨床状態に直面する問題によって従来の二段式プロシージャか第一段のプロシージャを使用して、挿入することができる。第一段の議定書は時々少数の外科を要求するので好まれる。二段式議定書はインプラントを質の悪い骨に取付けるか、またはインプラントhealingの期間の間に積み過ぎることを避けるのに一時的な総義歯を使用するとき推薦される。さらに、独特な糸の幾何学はそれらがfriable骨のためにセルフ・タッピング インプラントとして密な骨のために、そして蛇口なしで蛇口との両方使用されるようにする。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

NIKO DENTAL GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。