円錐形小型インプラント Mini series
チタン製外側セルフドリリング

円錐形小型インプラント
円錐形小型インプラント
円錐形小型インプラント
円錐形小型インプラント
円錐形小型インプラント
円錐形小型インプラント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
円錐形
素材
チタン製
接合部
外側
機能
セルフドリリング
直径

2 mm (0.08 in)

長さ

10 mm, 13 mm (0.39 in)

詳細

主にosteointegrationの概念に基づくstomatological注入の異なった方法は、歯科列の更新の解剖機能結果をかなり改善することを割り当てる。最終的な人口修理のしかし言葉は1,5-2年の間にcurativelyリハビリテーションの手段の複雑な認識の複雑化そして順序によって、増加できる。非常に実際の仕事は、この点について、患者の生命質の維持である。この仕事は操作の直後にまたはpostoperative期間のこれから数日間の内に作り、固定する一時的な人口電気器具の支援部隊として小型インプラントによって達成することができる。私達は2.0のммの外的な直径が付いている巧妙で一時的な螺線形の出口の工場建設のあなたの注意1を提供する。これらのインプラントは2つの版でなされる:を使って取り外し可能な人口電気器具のための球形の頭部と固定人口電気器具のための頭部による円錐形ライン。形態学上はであるそのようなインプラントの作成のための必須条件間の1つの原因研究する。1つの段階のインプラントを使用している間証明したosteointegrating接触の形成を研究する。必須条件間の第2原因は取り外し可能な人口電気器具の固定改善の可能性およびectoblastのhypohidrotic異形成の患者の子供のための歯の第一次不在の場合、特に、形作る人口電気器具の可能性である。このタイプのインプラントは開発されたマイクロ表面輪郭のセルフ・タッピングねじとして2004年以来作り出される。それに一般的な長さで10、13か16ミリメートルがある。プロダクトはаから技術的にきれいにするタイタン(等級4の合金)をなされる。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

NIKO DENTAL GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。