小動物用オペラント条件付けシステム IDsorter
行動研究用卓上

小動物用オペラント条件付けシステム
小動物用オペラント条件付けシステム
小動物用オペラント条件付けシステム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

動物の種類
小動物用
応用
行動研究用
外形
卓上

詳細

動物にとっては、単一のハウジングではなく、グループで生活することが有益です。しかし、多くの行動診断テストでは、テスト中は個々の動物が一人でいる必要があります。従来は、このためには動物を家のケージからテストアリーナまで手動で往復させなければなりませんでした。IDsorterが家のケージとテストアリーナを接続することで、このプロセスは完全に自動化されます。当社のシステムは他のベンダーのオペラントシステムやビデオ観察システムに接続することができます。 特徴 RFID技術に基づく 24時間365日のオペラント実験・観察システム サードパーティベンダーのオペラントボックスや迷路と互換性があります。 動物にやさしい位置検出器付きゲートで、不慮の巻き込みを防止します。 動物へのストレスの軽減(手作業での対応が不要 RFID技術 IDsorterはRFID技術に基づいています。IDsorterは、独立した実験制御ソフトウェアを用いてオペラントチャンバー内で個々の実験を行うことができる一方で、1匹の動物を試験場に選択的に通過させて往復させることができます。 無線周波数識別(RFID)技術は、動物のグループ内の個体を識別し、追跡します。すべての動物は皮下トランスポンダを携帯する必要があります。これらのトランスポンダは電池を必要とせず、RFIDリーダーから放出される電磁界によって電力を供給されます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

PhenoSysの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。