動物研究用麻酔ワークステーション
大型動物用齧歯類用移動可能

動物研究用麻酔ワークステーション
動物研究用麻酔ワークステーション
動物研究用麻酔ワークステーション
動物研究用麻酔ワークステーション
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

患者のタイプ
動物研究用
動物のタイプ
大型動物用, 齧歯類用
エルゴノミクス
移動可能
オプション
呼吸モニタ, 換気装置付き, 麻酔ガス評価システム (SEGA)付き

詳細

大動物用人工呼吸器と麻酔器のコンビネーションソリューション 私たちは、動物用麻酔のワンストップソリューションを提供することで、動物病院の臨床医をサポートすることを目指しています。それはすべての重要な側面を含んでいます:酸素生成、麻酔、廃棄物の麻酔ガス吸収、監視と機械的な換気。使いやすさ、シンプルさ、安全性を追求した完璧なデザインで、すべてのペット病院や診療所に適しています。 高精度のヴェポライザー(それぞれが独立したテストレポートを持っています クイックオキュレーションのためのAPLバルブ レール式のCO₂吸収装置で、取り付け・取り外しが簡単 スイッチ1つで再呼吸回路と非再呼吸回路を切り替え可能 モニターと人工呼吸器を置くための棚 20セットのパラメータを保存し、獣医師が取り出すことが可能 APNEAモードは患者の自発的な呼吸を妨げない 窒息状態を識別して警告し、全過程で呼吸を監視する タッチスクリーンと75°の視覚的な操作面のデザインにより、ユーザーフレンドリーなインタラクションを実現。 体重100kg以内の動物に対応 セミオープン麻酔とクローズ麻酔の2つのモードを用意 1~4L/min O2流量計 10L/min O2フラッシュ ボタン1つでAPLバルブを素早く閉じることが可能 3つのモードが選択可能ボリュームコントロールモード(VCV)、プレッシャーコントロールモード(PIP-CV)、アプネアモード(APNEA)の3つのモードを搭載 2つのベローズ(300ml、1500ml)を装備 内蔵の充電池で駆動し、4時間以上の通常動作が可能です。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

RWD Life Scienceの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。