動物研究用麻酔ワークステーション
齧歯類用卓上ガス排気システム付き

動物研究用麻酔ワークステーション
動物研究用麻酔ワークステーション
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

患者のタイプ
動物研究用
動物のタイプ
齧歯類用
エルゴノミクス
卓上
オプション
ガス排気システム付き, 換気装置付き

詳細

説明します。 麻酔器と人工呼吸器を組み合わせたシステム。動物の体重に応じて、一定量(タイダルボリューム)の酸素と呼吸数を供給し、動物の正常な呼吸をサポートすることで、手術中の動物の麻酔を確保します。長時間の手術や、特定の疾患(心疾患、脳血管疾患、高血圧、脳梗塞、血栓症など)を患っている動物の手術にも対応できます。また、マウス、ラット、モルモットなど、1kg以下の動物にも対応しています。 構成要素 - エアーポンプ 1PCS - 小動物用麻酔器 1PCS - 誘導チャンバー 1PCS - マスク 1PCS - ベンチレーター 1PCS - キャニスター(大) 6PCS - ガスエスケープ装置 1PCS 特徴 - 安定した安全な麻酔が可能で、代謝の低い動物実験に適しています。 - 動物の体重を入力した後、デバイスは自動的に呼吸のパラメータを設定します。 - 誘導と回復は迅速かつスムーズで、さらに麻酔薬の濃度は調整可能です。 - 高精度の気化器(それぞれが独立したテストレポートを持っています)。 仕様です。 - 呼吸数は10~300bpmの間で調整できます。 - 潮容積の範囲: 0.05ml ~ 5ml。 - 気道の圧力の範囲。1~50cmH O、2つの精度範囲:±7cmH 2O;正端2呼気圧(PEEP)範囲は0~10cmH 2Oです。 - I:E比の調整範囲は20%~80%で、ため息は0~20%の潮容積を増加させ、自動ため息、10~999回の呼吸毎に1回、または手動制御を設定することができます。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

RWD Life Scienceの全カタログを見る

RWD Life Scienceのその他の関連商品

Laboratory Inhalation Anesthesia Solutions

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。