低温データロガー TR75A
コールドチェーンモニタリング温度トレサビリティー生物学試料用

低温データロガー
低温データロガー
低温データロガー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

データの種類
低温
応用
研究室用, 医薬製品用, コールドチェーンモニタリング, 温度感受性製品用, 生物学試料用, 血液バッグ用, 血液銀行用, 温度トレサビリティー
その他の特徴
USB, Bluetooth, 無線データ伝送機能付き
温度

最大: 1,760 °C (3,200 °F)

最少: -199 °C (-326 °F)

詳細

ワクチンの超低温モニタリングに最適! TR75Aは、熱電対(K、J、T、E、S、R)センサーを2本接続できる温度ロガーです。測定可能な温度範囲は-199~1760℃で、工場の炉のような超高温の場所や、極低温になる深冷凍庫などでも使用できます。 本体に搭載された機能ボタンで、設定や録画のスタート/ストップが可能。無線LAN機能を使って、データをクラウドに自動アップロードし、いつでもどこでもアクセスしたり、警告を表示したりすることができます。Bluetooth通信により、スマートフォンやタブレット端末からのデータ閲覧、レポート作成、設定が可能です。USBケーブルでPCと接続し、記録データのダウンロードやレポート作成、設定変更が可能。 TR75Aで使用するソフトウェアアプリケーションには、VFCに関するCDCの要求事項を満たしているか、それ以上の「ワクチンモード」があり、ワクチンの温度を監視・記録するのに適しています。TR75Aは、製薬・医療関連の研究所や病院だけでなく、工場やその他の施設でも活躍します。 TR75Aは、無線LANアクセスポイントを使用して、記録データや警告通知を、無料のクラウド型「T&D WebStorageサービス」や、「T&D Data Server」ソフトウェアをインストールしたWindows PCに自動アップロードします。モバイルアプリ「T&D Thermo」を使って、スマートフォンやタブレットでデータを確認したり、Bluetooth通信で設定や記録データのダウンロード、レポート作成ができます。USBでパソコンに接続して設定やデータのダウンロードを行うには、当社のWindows用ソフトウェア「TR7 for Windows」を使用します。Windows用ソフトウェア「T&D Graph」を使えば、PCからのデータの閲覧や分析が簡単にできます。

カタログ

TR7A Series
TR7A Series
4 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。