温度データロガー S-Radio Flexible
研究室用医薬製品用無菌

温度データロガー
温度データロガー
温度データロガー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

データの種類
温度
応用
研究室用, 医薬製品用, 無菌, 生物学試料用, 温度感受性製品用, 温度トレサビリティー
その他の特徴
無線データ伝送機能付き, ゾンデ付, アラート管理

詳細

最大140°Cまでのワイヤレス温度データロガーで、フレキシブルなプローブを使用してパッケージの近くにデバイスを配置する代わりに、上に配置し、浸透のための硬いプローブを使用しています。 S-Radio Flexibleは、-40℃~140℃(校正は25℃~140℃)のワイヤレス温度データロガーで、ベースが5mm(ベースの高さはプローブの長さにはカウントされません)で、30cmのフェルクシブルプローブと50mmまたはオンデマンド長の外部プローブ(プローブの切り替えはできません)を搭載しています。バッテリーはユーザーが交換可能で、データロガーには4点でAccredia(NISTと同等)のトレーサブルな証明書が付属しています。 S-Radioにより、プロセスデータをPC画面上でリアルタイムに見ることができます。アラームは、温度と致死率の値自体に設定することができます。P-Radioを使用すると、製品の核心部の熱曲線を把握しながら、プロセスをリアルタイムで実行することができます。 データロガーの他のバージョンは以下の通りです。 S-Radio: 異なる長さの剛体プローブ付き S-Radio 100 / 5 mm: 長さ100 mm、直径5 mmのリジッドプローブ付き 100℃までのバージョンもあり、柔軟性のある曲げ可能なバージョンも用意されています。 P-Radio(100°Cまで)とS-Radio(140°Cまで)に分かれたデータロガーのシリーズの一部です。PC接続用のインターフェースが必要です。DiskInterface HS、Multibayが必要です。リアルタイムデータを得るためには、USB無線レシーバーも必要です。 高温データロガーには、圧力や湿度のための他のモデルもあります。 主な特徴 デバイスによる最小の拘束力を必要とするポイントに到達するための柔軟なケーブル付き 完全に食品等級および防水 すべてのソフトウェアは致死値を計算します(F0, PU, A0 ecc.

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Tecnosoft SRLの全カタログを見る

Tecnosoft SRLのその他の関連商品

Temperature

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。