再置換大腿骨ステム SP II
セメント固定

再置換大腿骨ステム
再置換大腿骨ステム
再置換大腿骨ステム
再置換大腿骨ステム
再置換大腿骨ステム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

手術のタイプ
再置換
固定タイプ
セメント固定
大腿骨ステムのオフセット

35 mm, 37 mm, 40 mm, 46 mm, 49 mm (1.38 in)

CCD角

117 °, 126 °, 135 °

詳細

大腿骨の解剖学的な形状に合わせたデザイン 40年前から使用されている 豊富な臨床データで証明されています。 股関節周囲の骨折の発生が少ない 低侵襲性のインプラント ねじり力を中和します。 ステムの形状がカーブしているため、ステムが大腿骨管内に入り込み、解剖学的構造に完全に適合します。 1984年にモジュール式人工関節ヘッドとセットで発売されたこの大腿骨ステムは、大成功を収め、解剖学的人工股関節の原理に大きな影響を与えました1。1, 3 この優れた臨床実績があったからこそ、同じ原理に基づいたリブ付き人工関節、C.F.P.ステム、SP-CLが開発されたのです。 解剖学的デザイン。 解剖学的な形状のステムは、髄腔内の中心にフィットする。同時に、前後方向と内側方向のリブが回転安定性に貢献している。 最適な解剖学的再建。 SP IIは、優れたモジュール性を備えたシステムです。CCDの角度、ネックの長さ、ステムの長さに多様なバリエーションがあるため、人工関節の一次および再置換術における解剖学的構造の再建に最大限の柔軟性をもたらします。

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。