伝導性クロマトグラフィー検出器

2 社 | 3
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
ガスクロマトグラフィー検出器
ガスクロマトグラフィー検出器
5350 Tandem

... 5350型タンデム光イオン化検出器/電気分解導電性検出器(PID/ELCD)は、芳香族化合物とハロゲン化合物の二重検出を可能にするスマートな設計の装置で、作業効率とカウンタースペースの節約に役立ちます。 製品概要 5350型タンデムPID/ELCDは、2つの優れた検出器のパワーをパックしたものです。5350型タンデムPID/ELCDは、4430型PIDと5320型ELCDという2つの優れた検出器のパワーをパックしたもので、芳香族化合物とハロゲン化合物を別々に分析する必要がありません。独自の設計により、トランスファーラインを排除し、検出器ポートを1つだけ使用します。検出器は必要に応じて別々に使用することができます。5350タンデムPID/ELCDは、ほとんどのGCメーカーの装置と互換性があります。 5350型タンデムPID/ELCDの特徴 独自のタンデムデザインにより、トランスファーラインをなくし、デッドボリュームを最小化 タンデム検出器の設計では、1つのGC検出器ポートのみを使用 特許取得済みのUVランプWindow ...

その他の商品を見る
OI Analytical
ガスクロマトグラフィー検出器
ガスクロマトグラフィー検出器
5320 ELCD

... 5320型は、第3世代の電気分解導電率検出器です。リアクター、セル・ソルベント、検出器コントローラの3つの主要コンポーネントから構成されています。主な動作モードはハロゲンモード(X)ですが、硫黄(S)と窒素(N)のモードもあります。各検出モードのキットには、ELCDを特定のモードで動作させるために必要な材料(溶媒を除く)がすべて含まれています。 電解導電率検出器は、ハロゲン化合物の高感度測定用に設計されています。タンデム検出器としてELCDとPIDを連動させることは、飲料水や廃水サンプル中の塩素系および芳香族系の揮発性有機化合物(VOC)の測定について、USEPAメソッド502.2および8021で規定されています。 ELCDは、GCカラムから溶出したハロゲン化合物を、高温触媒マイクロリアクター内の還元的な条件でイオン化可能なガス(HX)に変換します。検出器のセルに流入したガス状の反応生成物は、脱イオン溶媒に溶解し、混合物の電解伝導度が上昇します。検出器は、この瞬間的な導電率の変化を増幅し、元の化合物に含まれるハロゲンの質量に比例した信号を生成する。 電解導電率検出器の機能 反応器の交換が容易な設計、使い捨ての樹脂カートリッジ、信頼性の高い溶媒システム 反応器の温度と溶媒の流れをアナログで制御 キャピラリーカラムに最適化された検出器ベース GCのタイムドイベントリレーを利用した溶媒の排出 ほとんどのGCメーカーおよびモデルとのダイレクトインターフェース OI ...

その他の商品を見る
OI Analytical
イオンクロマトグラフィー検出器
イオンクロマトグラフィー検出器
KONIK IC 590 PLUS

... KONIK IC 590 PLUS 検出器 高感度検出器 KONIK IC 590 コンダクティブティ検出器 KONIK IC 590 導電率検出器は、デジタル、マイクロプロセッサ制御、検出器です。 伝導率セルは最大 10kHzで動作可能です。 この製品は、0 ~ 15000μSの広いダイナミック測定範囲を特長としています。 導電率セルの温度は、部屋の温度が60 ℃ に設定できます。 温度安定性は0.005 60 ℃ 以下です。 小容量(< 1μL)の導電率セルは、KONIK ...