ガスクロマトグラフィー検出器 5350 Tandem
PID導電性

ガスクロマトグラフィー検出器
ガスクロマトグラフィー検出器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ガス
技術
PID, 導電性

詳細

効率を高め、モデル5350タンデム光電離検出器/電解導電率検出器(PID/ELCD)、芳香族化合物とハロゲン化合物のデュアル検出のためにスマートに設計された機器でカウンタースペースを節約します。 概要 モデル5350タンデムPID/ELCDは、2つの優れた検出器のパワーを搭載しています。モデル4430 PIDとモデル5320 ELCDの2つの優れた検出器を搭載しているため、芳香族化合物とハロゲン化合物を別々に分析する必要がありません。独自の設計により、トランスファーラインが不要となり、検出器ポートは1つのみとなります。必要に応じて検出器を別々に使用することができます。5350 タンデム PID/ELCD は、ほとんどの GC メーカーの装置と互換性があります。 モデル 5350 タンデム PID/ELCD の特徴。 独自のタンデム設計により、搬送ラインを排除し、デッドボリュームを最小化 タンデム検出器の設計は1つのGC検出器ポートのみを使用します。 特許取得済みのUVランプ・ウィンドウ・スイープ™設計により、ウィンドウ表面の汚れによるファウリングを最小限に抑えます。 排他的ランプセーバー™回路は、ランプ寿命を向上させるために、指定された期間後にPIDランプを消灯するようにプログラムすることができます。 クイックチェンジ、使い捨ての脱イオン樹脂カートリッジ、簡易溶剤システムを採用しています。 リアクターの設計では、黒鉛ソリッドフェルールの代わりに真鍮と黒鉛/ベスぺル®フェルールを使用しています。 GC タイムドイベントによるプログラム可能な溶剤ベント

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

OI Analyticalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。