細胞構造画像ソフト

8 社 | 10
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
Quality Slide Program (QSP 2.0)

... NF EN ISO 15189規格に準拠した細胞診スタッフのための資格認定ツール QSP 2.0ソフトウェアは、高精細な画像処理のためのツールであり、教訓的で非常に直感的な操作が可能です。それは、事前にスキャンされ、評価された血液フィルムの検査を研究室のスタッフに提供します。 これにより、検査室では、個々のWBC集団やその他の識別可能な要素を正しく識別する能力を評価することができます。 認定の重要なステップの一つは、NF EN ISO 15189規格の第5.1.2.d章(能力の評価)及び第5.1.3章(継続的訓練)に従ったスタッフの技能の評価である。 この要件を満たすために、HORIBAメディカルは細胞診ベンチトップ用にスライドレビューを制御するための革新的なソリューションを開発しました。 QSP ...

細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
CKX-CCSW

細胞数/密度を測定する生物分野向けのソフトウェアです。顕微鏡システム、デジタルカメラとの連携により非染色の細胞を生きたまま測定することができます。測定結果は画像と共にCSVファイルにて保存ができ、過去の結果との比較やミーティングなどでの振り返りに利用できます。 非染色で細胞数や密度を測定 従来は培養細胞の数や密度を測定するためには、蛍光などの染色が必要とされてきました。CKX-CCSWではオリンパス独自のアルゴリズムを採用し、培養細胞の数や密度を非染色で測定することが可能です。測定を行うために別途染色した細胞を用意することなく、非染色のまま位相差観察像を取得するだけで細胞数や密度を測定することができます。特に再生医療研究で使用される細胞は非染色で取り扱われるケースが多く、CKX-CCSWを使用することで、細胞に対する影響を抑えた測定を行うことができます。継代するタイミングの推測や、投与する薬剤の量を見積もる際に有用です。 コンタミネーションのリスクを低減 CKX-CCSWでは培養容器の底面に培養されている細胞の画像を用いて細胞数や密度を測定するため、剥離を行うなどの作業が不要です。容器の蓋をあける必要がないので外気に触れることにより発生するコンタミネーションのリスクを低減します。 簡単操作で素早く測定 培養細胞は温度や二酸化炭素濃度など細胞にとって最適な環境に設定されたインキュベーター内で培養されます。観察や測定などインキュベーターの外に持ち出して作業する場合はすばやく行う必要があります。CKX-CCSWでは測定パラメータの設定や測定を簡単に行えるようGUIをデザインしました。そのため大量の培養細胞を測定する場面でも、素早くインキュベーターへ戻すことができます。 定量的な測定結果 CKX-CCSWでは培養細胞の細胞数や細胞密度の測定を、目視による感覚的な推定から、ばらつきの少ない定量的な測定へと変化させます。測定結果はCSVファイルとしてテキスト出力が可能で、別条件の培養細胞との比較や、ミーティングなどでの振り返りに利用できます。またオーバーレイされた測定画像やオリジナルの画像も保存することができます。

ライフサイエンス用ソフト
ライフサイエンス用ソフト
cellSens

撮影からレポート作成まで、直感的な操作でシームレスに行えます。イメージソフトウェアcellSensは論文やプレゼンテーション資料づくりを快適にし、本来の研究にゆとりを創り出します。 お問い合わせ cellSensパッケージ お客様の用途に合わせた機能のみを提供可能なパッケージを用意しています。 Standardパッケージ シンプルな操作で、マルチカラー画像やタイムラプス画像といった多次元画像を撮影できます。 Standard マルチポジションカウントアンドメジャーマニュアルプロセスデータベースコアデータベースクライアント細胞密度計測 Dimensionパッケージ 撮影からレポートの作成まで、一連のワークフローを一つのソフトウェアで完結することができます。 Dimension マルチポジションカウントアンドメジャー3Dデコンボリューションウェルプレートナビゲーターレシオ ...

デジタル顕微鏡用ソフト
デジタル顕微鏡用ソフト
PALM RoboSoftware

簡便さを追求したマイクロダイセクション 一度必要なパラメータを設定すれば、わずかな時間でシステムが実験を管理します。 スライドと回収装置をセット、関心領域の描画、そしてレーザーを始動・・・これだけです。 システムキャリブレーションや、試料のための適切なレーザ設定の検出が、ソフトウェアキャリブレーションにより実行されます。

その他の商品を見る
Zeiss Microscopy
細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
Automated Organoid Counter

... コーニング®セルカウンターでオルガノイドカウントを可能にする、強力でシンプルな新しいソフトウェアアプリケーションが開発されました。その特徴は以下の通りです。 - クラウドベースの画像解析アルゴリズムにより、高速で正確な測定が可能です。 - 低コスト - 一般的な再利用可能なガラス製の血球計で動作します。消耗品は必要ありません。 - Precise - 統計解析のためのデータゲーティングと画像選択を可能にするソフトウェアです。 オルガノイドカウントソフトウェアは、CytoSMART™クラウドを利用して、1枚の画像を3秒以内に解析することができます。このクラウドコンピューティング能力により、迅速な画像解析が可能になりました。 オルガノイドカウント。高速で高精度。 このソフトウェアには、オルガノイド検出に最適化された画像解析アルゴリズムが含まれています。この最先端の解析ツールは、データ取得の最適な精度を可能にします。ユーザーは、サンプル内のオルガノイドの量とサイズに関する情報を得ることができます。このデータは、オルガノイド集団の特徴を明確に把握できる個別のインターフェースに表示されます。 - ...

細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
AmCAD-CA

... AmCAD-CAは、デジタル細胞学的画像を分析するために設計されたソフトウェアデバイスです。 形態学および色素学を考慮すると、AmCAD-CAは、数値の定量化および視覚化された細胞学的特徴など核細胞質比、異核生物、成形、擬似包含など、細胞学的特徴を識別するために使用することができ、疾患の臨床解釈を支援するために使用することができます。 特に、甲状腺新生物の診断を支援するために、コンピュータ支援診断(CAD)モデルが構築され、ソフトウェアに組み込まれています。 特徴 細胞質および核の自動分類 さらなる統計分析のための可視化および 定量化されたデータ形態学的および色細胞学的特徴の両方の定量化 悪性リスクの推定を伴う甲状腺結節の診断解釈 サポート顕微鏡カメラからデジタル画像をリアルタイムに取得し、細胞学的スミア試料の分析と解釈を迅速に行う ...

細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
Harmony®

細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
GenASIs HiSKY™

... GenASIs HiSKYはハイパースペクトル核型解析を実行し、多重化スペクトル画像の利点を活用して、各染色体を一意に色付けし、他の核型技術では利用できないレベルの詳細な解析を提供する核型を得ます。 ハイパースペクトル核型は、ASIが独占的に開発した独自の技術です。 世界中の細胞遺伝学研究所や研究機関で使用されており、ASIが開発した特殊なプローブキットを使用して各染色体を色分けすることで、最も困難な核型の症例を簡素化します。 より少ない時間でより多くを明らか にするGenASIハイパースペクトルプラットフォームは、干渉計ベースのハイパースペクトルデータを収集する独自の光デバイスです。 ...

細胞構造画像ソフト
細胞構造画像ソフト
VivaScan®

... VivaScan® ソフトウェアを使用すると、患者の検査のスケジュール設定、訪問中の1つ以上の病変に対する画像検査の実施、検査中に得られた画像の確認、報告を容易に行うことができます。 VivaScope® 製品ラインの各デバイスを操作します。 スタンドアロンデバイス、同じ施設内のイントラネットで接続されたVivaScope® イメージングおよび読み取りシステム、およびVivaNet® デジタルテレパソロジーネットワークを介して接続された異なる施設のシステムで使用されます。 ...