自動サンプル準備システム FLEX SWILE DSC
製薬産業用充填モジュール式

自動サンプル準備システム
自動サンプル準備システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作
自動
応用
製薬産業用
用途
充填
設定
モジュール式

詳細

示差走査熱量計(DSC)は、最も頻繁に使用される熱分析技術の一つである。DSCは、温度や時間の関数として、物質の物理的および化学的特性の変化によるエンタルピー変化を測定するために使用されます。 SWILEのディスペンシングソリューション この方法では、材料の同定と特性評価を行うことができ、化学・製薬業界のほぼすべての分野で数多くのアプリケーションを提供しています。原薬からポリマーまでの化合物は、ガラス転移、融解、結晶化度、相転移、タンパク質変性、分解点などの分析を行うことが可能です。 さらに、DSCは化学反応、添加物や充填物の影響、材料の加工状態を調査することも可能です。また、化合物や処方のDSC曲線の典型的な形状は、品質管理に利用されています。DSCは高速で非常に感度が高く、使いやすいのが特徴です。しかし、るつぼの充填と閉鎖を伴うDSC試料の調製は、しばしば手作業で行われ、非常に時間がかかり、退屈でエラーを起こしやすい作業に熟練工を拘束しています。 SWILEの技術は、化合物の自動的な真の1対1の重量測定「ピック&ディシジョン・ディスペンス」を可能にします。 このページ下部の図式は、精密な「ピック&デシジョンディスペンス」ステップを含むSWILEの簡略化されたワークフローを表しています。この技術のバックボーンは、ケムスピ-ド独自のオーバーヘッド重量分注装置の設計と、第二の分析用オンデッキバランスの組み合わせにあります。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

Chemspeed Technologies AGの全カタログを見る

Chemspeed Technologies AGのその他の関連商品

Sample Preparation, QC, Compound Management SOLUTIONS

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。