ロボットサンプル準備システム FLEX SWILE
製薬産業用試薬配布床置き

ロボットサンプル準備システム
ロボットサンプル準備システム
ロボットサンプル準備システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作
ロボット
応用
製薬産業用
用途
試薬配布
設定
床置き
その他の特徴
バーコードリーダー付

詳細

核磁気共鳴(NMR)とは、強い一定磁場中にある原子核に、弱い振動磁場(近接場なので電磁波を伴わない)を与えて擾乱し、原子核の磁場に応じた周波数の電磁信号を発生させる物理観測方法である。 NMRは、ある種の原子核の特異な磁気的性質に起因している。核磁気共鳴分光法は、溶液中の有機分子の構造を決定し、分子物理学、結晶および非結晶物質を研究するために広く使用されている。また、磁気共鳴イメージング(MRI)のような高度な医療用画像処理技術にも日常的に用いられている。しかし、NMRの試料調製はまだ手作業で行われることが多く、非常に時間のかかる作業に高度な専門家を拘束しています。 しかし、NMR試料の調製はまだ手作業で行われることが多く、非常に時間がかかり、退屈でエラーを起こしやすい作業に、優秀な人材が縛られています。 SWILEディスペンシングソリューション SWILEの技術は、化合物の自動的な真の1対1重量分注を可能にします。 このページ下部の図式は、精密な「ピック&ディシジョン分注」ステップを含むSWILEの簡略化されたワークフローを表しています。この技術のバックボーンは、ケムスピ-ド独自のオーバーヘッド重量分注ツールと第二分析オンデッキバランスを組み合わせた設計にあります。 分注特性 クロスコンタミネーションのリスクを排除するため、使い捨てのガラスチップを使用し、SWINディスペンサーで保管・供給されます。

---

ビデオ

Chemspeed Technologies AGのその他の関連商品

Sample Preparation, QC, Compound Management SOLUTIONS

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。