椎弓形成術骨圧迫プレート Release®

椎弓形成術骨圧迫プレート
椎弓形成術骨圧迫プレート
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

用途
椎弓形成術

詳細

Release® ラミノ形成術固定システム Release® ラミノ形成術固定システムは、オープンドアラミノ形成術の完了後に中央脊髄減圧を可能にする、効率的で合理化された外科的経験を提供します。 標準的な、アログラフト(アログラフト骨スペーサーで使用する)およびサルベージプレートが提供され、自己穿孔およびセルフタッピングねじと共に。 スクリューの自己保持駆動機構は、スクリューヘッドとスクリュードライバーとの間の堅固な接続を確保するのに役立ちます。 スリムなプレート設計により、配置が容易になり、セファラッドのファセットジョイントへの衝撃のリスクを最小限に抑えることができます。 プレート 複数のプレートオプション バットレスにフック付き標準プレート 中央のネジ穴付きAllograftプレートアログラフトスペーサーに取り付けるように設計された サルベージプレートフロッピーまたはディスプレイスされたヒンジを固定するために、 層流側に直交ねじ穴の方向を向き、頭蓋尾部のプロファイルを減らします 標準プレートフックギャップは、プレートサイズの Ti-6Al-4V ボーンスクリュー自己穿孔およびセルフタッピング設計強化骨購入のための最適なねじ形状 自己保持駆動機構により、安全なドライバアタッチメント Ti-6Al-4V 滅菌を保証します。非滅菌。 滅菌手順については、パッケージインサートを参照してください。 適応症 解放ラミノ形成術固定システムは、ラミノ形成術における下部頸部および上部胸椎(C3からT3)に使用することを意図している。 剥離ラミノ形成固定システムは、移植片材料の追放、または脊髄への衝撃を防ぐために、移植片材料を所定の位置に保持するために使用されます。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。