腰椎体間固定インプラント T-Plus™
経椎間孔

腰椎体間固定インプラント
腰椎体間固定インプラント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

脊柱
外科学的アプローチ
経椎間孔

詳細

T-Plus™ IBFシステム T-Plus™ IBFシステムは、腰椎へのオープンまたは低侵襲性のTLIFアプローチで使用できるように設計されています。 トランスホラミナルアプローチ用に設計された 平行およびロルドティック インプラントは、7〜15mmから入手可能なインプラント 複数の長さのオプション 非常に目に見えるタンタルマーカー 角度のある歯トレッドは、インプラントを所定の位置に導き、インプラントの移行に抵抗します 最大の融合のための大きな移植領域 気晴らしと挿入の潜在的な弾丸形の先端援助 曲線インプラント形状は、脊椎体の輪郭と一致します スレッドインプラントの挿入と進化; lnvibio® 生体材料ソリューションからPEEK-OPTIMA® 製トグルを防ぎます 滅菌 インプラントが提供されています滅菌。 装置は非滅菌で供給されます。 滅菌手順については、パッケージインサートを参照してください。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。