大腿骨圧迫プレート 7.0ChLP
近位部ロッキング金属製

大腿骨圧迫プレート
大腿骨圧迫プレート
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
大腿骨
骨の部位
近位部
固定
ロッキング
素材
金属製

詳細

は大腿骨近位部の治療に使用されます。動的大腿骨プレートを用いた治療の主な目的は、骨の解剖学的構造の再構築と、公共および職業生活への患者の早期復帰である。 徴候。 大腿骨頸部と頭部の骨折 鎖骨間骨折 鎖骨周囲骨折 鎖骨下骨折 大腿骨骨幹部骨折 マルニオンと非ユニオン。 大腿骨近位部の骨折の治療には、動的股関節プレート[3.5314]が使用されます。このプレートは、ChMによって開発されたChLPロッキングプレートシステムの一部です。提示されたインプラントの範囲は、ISO 5832規格に準拠したチタンとその合金で作られています。品質管理システム、ISO 9001、EN ISO 13 485、指令93/42/EECの要件に準拠した品質管理システムにより、提供されるインプラントの高品質が保証されています。この方法を用いた安定化は以下の治療を目的としています:大腿骨頚部骨折、頭部骨折、鎖骨間骨折、鎖骨周囲骨折、鎖骨下骨折、大腿骨軸骨折、マル骨折、非ユニオン。

---

カタログ

Locking plates
Locking plates
171 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。