頭解剖模型 MP1670
実習用

頭解剖模型
頭解剖模型
頭解剖模型
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

体の部位
医療処置
実習用

詳細

この3Dプリント標本 は、頭部および頸部の内臓柱の特徴のシリーズを保持する:顔:頭部の右側に、耳下腺は、顔面神経とそのすべての枝を明らかにするために除去されている(時間的、頬骨、顎下顎および頸部)と実証する 表在性から深部まで腺に埋め込まれた構造の空間的関係(顔面神経、顎後静脈、外頸動脈)。 周辺地域では、側頭筋、マッサージ器および後腹腹が露出し、顔面動脈、横顔面動脈、表在側側頭動脈がある。 顔面静脈と横顔面静脈は、外頸静脈を形成するために顎後静脈によって結合される一般的な顔面静脈を形成するために結合することがはっきりと見える。 リクエストに応じて詳細な解剖学的説明。

---

カタログ

3D Anatomy Series
3D Anatomy Series
64 ページ

Erler-Zimmerのその他の関連商品

3D Anatomy Series

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。