PTAカテーテル FREEWAY™ 014
末梢バルーン薬物溶出性

PTAカテーテル
PTAカテーテル
PTAカテーテル
PTAカテーテル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
PTA
体の部位
末梢
オプション
バルーン, 薬物溶出性
全長(mm)

120 cm, 150 cm (47 in)

バルーン直径

2 mm, 2.5 mm, 3 mm, 3.5 mm, 4 mm (0.1 in)

詳細

パクリタキセルは微小管の形成を阻害することにより、細胞の分裂と移動を抑制し、再狭窄を防ぐ。パクリタキセルは炎症プロセスを抑制する。バルーン拡張後、動脈壁の損傷は炎症反応を刺激し、成長因子の排泄は細胞分裂や平滑筋細胞の移動の開始とともに重要なプロセスとして起こる。パクリタキセルは、血小板由来成長因子(PDGF)を介した血管平滑筋細胞の内膜への移動を阻害する。また、パクリタキセルは細胞外マトリックスの分泌と分解を阻害する。 パクリタキセルは平滑筋細胞の増殖を選択的に阻害する。内皮細胞は、細胞表面の結合構造の親和性が異なるため、平滑筋細胞よりもパクリタキセルに対する抵抗性が高い。パクリタキセルは、サイトカインや成長因子の刺激の結果、非増殖細胞には影響を与えない。FREEWAYパクリタキセル放出型PTAバルーン拡張カテーテルは、円滑な再内皮化プロセスを促進する。シェラックコーティングされた材料への直接の接触も、シェラック抽出製品への暴露も、in vitroでHDMECおよびhSMCの生存率と機能を損なわなかった。 シェラックは,シェローリック酸とアリューリック酸からなる天然樹脂である。 コーティングは、パクリタキセルとシェラックの1:1の混合物を、無菌状態のクリーンルーム内でマイクロピペッティング法によりバルーンに塗布したものである。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。