製薬産業バイオリアクター picobond®
撹拌器付

製薬産業バイオリアクター
製薬産業バイオリアクター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
製薬産業
その他の特徴
撹拌器付

詳細

Alpine picobond® は、機械化学的プロセスを用いて、乾燥粒子に機能設計を施すように設計された混合反応器です。 設計と動作原理は細川ミクロンノビルタ製品ラインとほぼ同じです。 Alpine picobond® は、混合、材料接着、超微細分散の処理時間を短縮します。 バインダーを使用しなくても良い製品品質を提供します。 温度監視機能は、このユニットが温度に敏感な製品での使用に適していることを意味します。 高速攪拌は反応器の容器に配置され、粉末混合物の短時間ではあるが集中的な圧縮に影響を与え、同時にせん断作用を通してそれに応力を与えます。 その後、圧力を緩和し、粉末を再混合する。 バッチモードでは、このプロセスは機械内の材料の滞留時間中に何度も繰り返されます。 その後、製品は出口ポートを介して機械から空になります。 高い応力強度の結果として、粒子の表面上で機械化学反応が起こる。 粒子は、安定したコーティング、化合物の粒子または粒子形状の変化が入るように互いに接触する。 プロセスパラメータは、ロータの速度と反応時間の関数として設定されます。 特長は次のとおりです。 バッチモード プロセスチャンバを冷却 不活性ガスですすぎ 可能な機械を傾けて充填および空にすることができます 製品温度、ローター速度およびモータ出力の測定装置 2つのローターバリエーション:Nobilta(NOB)またはメカニノフュージョン(AMS)

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Hosokawa Micronの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。