冠状動脈ステント Angiolite
コバルト クロム製薬剤溶出性

冠状動脈ステント
冠状動脈ステント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

タイプ
冠状動脈
素材
コバルト クロム製
その他の特徴
薬剤溶出性

詳細

シロリムス溶出する冠状動脈ステントアンジオライトは、L605と呼ばれるコバルトクロム合金から作られ、サイロリムスと生体安定ポリマーの最終世代の混合物でコーティングされています。 ステントは、カテーテルの遠位端にバルーンの膨張のおかげで治療するために冠状動脈病変に移植を可能にする送達システムに予め取り付けられています。ステントは、レーザーカットされ、その後、与える様々な治療を受ける金属管から製造され、 表面は滑らかで光沢のある仕上げ。 ステントの設計は、異なる縦方向の構成を得るためにリンクによって軸方向に互いに接続されている円周方向のセルの連結に基づいています。 さらに、半径方向の細胞数の調整は、ステントを異なる直径に拡張することを可能にする。 結果は、オープンセル設計です。ステント送達システムは、近位部に単一のルーメン構成を有し、遠位部に同軸二重ルーメン構成を有するRXとも呼ばれる迅速な交換バルーンカテーテルである。 カテーテルは、遠位端に膨張可能なセグメント(バルーン)を有する。 バルーンは、異なる直径および長さを達成するように設計されており、ステントをその異なる構成で係合し、治療すべき病変の範囲をカバーする。 配置する前に、バルーンは折り畳まれ、ステントはその上に圧縮される。 ステントの長さを区切り、蛍光鏡検査下での観察を容易にするために、放射線不透明マーカーが存在する。 バルーンが病変に達して膨張すると、ステントは動脈に対して膨張する。 その後、バルーンは収縮して除去され、ステントは永久に移植されたままである。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。