溶解試験器 AT MD, CE 7smart Series
製薬産業ベンチトップ型自動

溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
溶解試験器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

測定可能パラメータ
溶解
応用
製薬産業
設定
ベンチトップ型
その他の特徴
自動

詳細

完全自動セルフクリーニングベンチトップ溶解システム。 100% 無人-無人シーケンスで一連のテストを実行します。 100% 追跡可能-容器充填からシステムのセルフクリーニングまでのすべてのステップを自動的に実行し、記録します。 100% 再生産可能-溶解試験のすべてのステップを毎回同じ方法で実施します。 メディア-最大5種類のメディアタイプの自動加熱&脱気機能。 濾過-強力なピストンポンプは、HPLC/UPLC分析仕上げ用の微細な気孔率フィルターに押し込みます。 清掃 -検証可能なすべての流体経路の非常に効果的で堅牢なクリーニング。 収集-ガラス管、キャップ付きLCバイアル、またはLCウェルプレートでの自動サンプル収集。 ベンチトップの自動化。 AT MDは、標準的なラボベンチに適合する全自動溶解システムです。 バスケットやパドルの方法だけでなく、日本の大型シンカーを含むシンカーを簡単に処理できます。 シーケンスが開始されると、AT MDはメディアの準備からシステムのセルフクリーニングまで、最大8つの無人バッチを実行します。 熱だ ドガ 分散。 濃縮物や界面活性剤を含む媒体を含む最大5種類の媒体を、自動的に加熱、脱気し、容器内に分配することができます。 さらに、AT MDは、テスト中にpH変更を行い、テストの実行中にメディアタイプを簡単に変更することができます。 重量測定システムにより、正確で再現性の高い媒体塗布が保証されます。 250 mL から 1'000 mL までのさまざまな容器の充填容積が可能で、AT MD はDoE 研究に最適なシステムとなっています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。