冠状動脈ステント ITRIXII
PLGA生体吸収性薬物溶出性

冠状動脈ステント
冠状動脈ステント
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
冠状動脈
素材
PLGA
その他の特徴
生体吸収性, 薬物溶出性

詳細

ITRIXII ラパマイシン溶出型冠動脈ステント留置システム ITRIXII ラパマイシン溶出性冠動脈ステント植込みシステムは、血栓性イベントや再狭窄イベントの予防に非常に有効な薬剤であるラパマイシン(Rapasorb™)を含む完全に生分解性のポリマーコーティングを施した初の炭化ステント(不活性炭素技術)です。 メリット > 2年間の追跡調査期間中にステント血栓症を発症していない。 > ポリマー。ポリ(D,L-ラクチド-コ-グリコリド)ポリラクチド50% ポリグリコリド50 > 薬剤。ラパマイシン > コーティングの劣化。インビボで6週間 > 薬剤負荷。 2.0μg/mm2 > 250名以上で2年以上の追跡調査を行った患者 コーティング 生分解性ポリマーには、100%二酸化炭素と水に分解されるポリ乳酸(PLGA)が含まれています。 ラパマイシン溶出性冠動脈ステント留置システムは、パリレンCのような他の補助ポリマーを必要としません。 制御されたポリマーの分解とラパマイシンの放出は、同時に終了するように設計されており、3ヶ月以内に完了します。これは、薬剤が最も必要とされる時期を正確にカバーし、ステント留置後に発生する様々な免疫応答反応に独自に調整されています。これは、Rapasorb™ - 技術として理解される。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。