ガスクロマトグラフィー検出器 4430
PID

ガスクロマトグラフィー検出器
ガスクロマトグラフィー検出器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ガス
技術
PID

詳細

モデル4430光電離検出器(PID)は、アルカンやその他の飽和炭化水素の存在下で、芳香族炭化水素やオレフィン系炭化水素に選択的に反応する、独自に設計されたガスクロマトグラフ(GC)です。 概要 モデル4430 PIDの独自の特許取得済みWindow Sweep™デザインは、サンプルの流れがランプ窓に接触したり汚染されたりするのを防ぎます。また、窓の表面にポリマーを形成するために結合してしまう感光性化合物の分析も可能です。 4430検出器には、イオン化チャンバ、UVランプ、カラムメイクアップアダプターが含まれており、UVランプには独立型の高電圧電源を使用します。4430 PIDは、独自の特許取得済みWindow Sweep™設計を特徴としており、サンプルの流れがランプ窓に接触したり汚染されたりするのを防ぎます。また、ウィンドウ表面で重合してしまう感光性化合物の分析も可能です。4430 PIDは、ほとんどのGCメーカーの装置に取り付けることができます。 PIDの特徴。 UVランプによるウィンドウスイープ設計により、ウィンドウ表面の汚れによるファウリングを最小限に抑えます。 Lampsaver™回路は、使用しないときに消灯することでランプの寿命を延ばします。 ELCD、XSD、またはFIDとの直接インターフェースにより、タンデム検出器システムを構築できます。 望ましくないサンプル溶媒を排出するための検出器ベント 充填カラムとキャピラリーカラムに対応 特定のGCモデルに適合するように設計されたカスタム 簡単な操作とメンテナンス 動作原理 試料の流れは検出器の反応室を通り、高エネルギーの紫外線が連続的に照射されます。照射エネルギーよりも低いイオン化ポテンシャルを持つ化合物はイオン化されます。

---

カタログ

4430 PID
4430 PID
2 ページ
4450 PID/FID
4450 PID/FID
2 ページ
5320 ELCD
5320 ELCD
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。