染色液試薬 Afog
組織学用細胞学

染色液試薬
染色液試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
染色液
用途
組織学用, 細胞学

詳細

実行可能な最小テスト数 100 完成時間 22分 賞味期限 2年 保存条件 15-25°C 追加装備 不要 アプリケーション 腎生検における蛋白質沈着物の強調表示の参考法 推奨される固定剤。Bouin. 結果 コラーゲンフィブリルブルー 核の黒 赤血球、細胞質ピンク~オレンジ色 弾性繊維は淡いピンク - 黄色または無色 蛋白質の沈殿物が真っ赤になる 光学顕微鏡用の細胞組織学的サンプルの前処理用の製品。 腎生検における糸球体蛋白質沈着物の可視化のための標準的な手順。ブアン プリンシプル この方法では、3種類の色素を使用します。核染色にはWeigertヘマトキシリン、細胞質にはオレンジG、選択的コラーゲン染色にはアニリンブルーを使用します。 この手順における選択性は、色素と組織高分子の間の親和性の異なる程度に起因する。中心的な役割を果たすのは、組織構造(コラーゲン線維、細胞膜)とアニリンブルー(両性染料)の間の結合として作用するホスホモリブデン酸です。AFOG溶液の第二成分であるオレンジGはホスホモリブジン酸との親和性がないため、残った構造物を染色するために使用されます。酸フクシンは糸球体蛋白質沈着物を選択的に染色します。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

BIO-OPTICA Milanoの全カタログを見る

BIO-OPTICA Milanoのその他の関連商品

Staining kits

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。