染色液試薬 04-121812
組織学用細胞学

染色液試薬
染色液試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
染色液
用途
組織学用, 細胞学

詳細

最小限のテスト数 行なわれる 100 完成時間 45分 賞味期限 2年 保存条件 15-25°C 追加装備 不要 アプリケーション 組織切片のDNAとRNAを同時に見るための方法です。 特に組織学的切片の血漿細胞とRNAを強調表示するための方法です。 細胞学的製剤。 結果 DNAペールグリーン RNA(形質細胞、核小胞、芽球)ピンク~赤 肥満細胞顆粒ブルー 背景コントラストターコイズ 光学顕微鏡用の細胞組織学的サンプルを調製するための製品。 組織学的切片でDNAとRNAを同時に示すことができます。組織学的に血漿細胞とRNAを表示することをお勧めします。 切片および細胞学的製剤。 プリンシプル この方法では、精製メチルグリーンとピロニンYという2つの塩基性色素の混合物を用いて染色を行う。 差動染色では、pH4,8になるように緩衝液を添加します。PHが4,8より低い場合はピロニンによる赤色の染色が優勢となり、高い場合はメチルグリーンによる緑色の染色が優勢となります。 pHが高い場合は、メチルグリーンによる緑青の染色が優勢です。2つの色素はDNAやRNAと本質的に親和性があるわけではありません。 選択性は一定のpH値の結果です。この手順は難しいかもしれません。 と、できるだけ良い条件で仕事をすること。

---

カタログ

General Catalogue
General Catalogue
164 ページ

BIO-OPTICA Milanoのその他の関連商品

Staining kits

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。