染色液試薬 P.A.S. 04-130802
組織学用細胞学

染色液試薬
染色液試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
染色液
用途
組織学用, 細胞学

詳細

実行可能な最小テスト数 100 完成時間 50分 賞味期限1年 保存条件 2-8°C 追加装備 不要 アプリケーション 隣接した組織によって区別される正常なまたは病理学的な組織の部品を強調するため 組織切片のグリコール基やアミノ水酸基、血液塗抹や細胞診でのグリコール基やアミノ水酸基 塗抹。 結果 PAS陽性物質 マゼンタレッド 核は青 光学顕微鏡用の細胞組織学的サンプルの準備のための製品。 組織学的切片、血液学、細胞診用の隣接グリコール基またはアミノヒドロキシル基によって特徴づけられる正常組織および病理組織の構成要素を示すために。 プリンシプル 周期的な酸は選択的に次のグループを酸化します: 1,2 グリコール; 第一次アミン(l-ヒドロキシ-2-aminic); 第二次アミン(1-ヒドロキシ-2-アルキルアミン); l-ヒドロキシ-2-ケトン。いくつかのメトキシルデリンおよびα-ケトンも同様に酸化されるが、それらはアルデヒドに変換されない。酸化の過程で1,2位の炭素原子間の結合が切れ、結果としてアルデヒド基が形成されます。次の反応では、シッフ試薬中の亜硫酸フクシンがこれら2つの連続したアルデヒド基を塩基性フクシンと同様の不溶性の染色された化合物に変化させます。これらの反応が起こるためには3つの条件が必要です。 1) - ヒドロキシル基は遊離していなければならない。 2) -酸化後に形成される化合物は、組織内で拡散してはならない。 3) - 組織化学的な調査を行うためには、化合物中に十分なアルデヒド基が存在する必要があります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

BIO-OPTICA Milanoの全カタログを見る

BIO-OPTICA Milanoのその他の関連商品

Staining kits

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。