染色液試薬 Weigert
組織学用細胞学

染色液試薬
染色液試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
染色液
用途
組織学用, 細胞学

詳細

最小限のテスト数 行なわれる 100 完成時間 一晩+25分 賞味期限 2年 保存条件 15-25°C 追加装置 蓋付き組織学ジャー アプリケーション 組織学的切片上に弾性線維を示すために示された方法。 結果 濃紺から黒までの弾性繊維 光学顕微鏡用の細胞組織学的サンプルを調製するための製品です。 組織切片の弾性線維を示す。 主な特徴 この方法は、反応から生じる沈殿物であるレゾルシン・フクシンによって表示される弾性繊維に対する親和性に基づいています。 レゾルシン、塩基性フクシン、塩化第二鉄の間の特定の方法ではないので、他の構造物、例えばコラーゲンや 基底膜が染色されることがある。したがって、選択的にマークされた 弾性繊維の染色Weigertの "long method "は "quick method "とは染色混合物も手順も異なります。 染色混合物の濃度が低く、インキュベーション時間が非常に長いため、選択性が高い。

---

カタログ

General Catalogue
General Catalogue
164 ページ

BIO-OPTICA Milanoのその他の関連商品

Staining kits

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。